toggle
2018-09-15

贅沢もの





 

ひろのぶです^ ^

台風で屋根が吹き飛んだせいで

 

面白い写真が出てきました。

生意気そうですね。

クソガキですね笑

改めて年齢を重ねたことがわかりました^ ^

そんな僕のLINE@とInstagramはこちら

よければフォローをしてくださいね‼︎

 

10月18日からバングラデシュに戻ります

今回は探していたカメラマンのタイミングが運よく合ったので同行をしてもらえることに

色んな雰囲気のスラムをお見せすることができるかと^ ^

 

活動をしていると色々と言われますが、僕自身は全く気にしていません

ただし

活動に支障がないならば

ですね。

僕はあちこちで色んな子どもを見てきました

車椅子に乗せた弟の為に物乞いをする子どもを

病気のお母さんの為に働く子どもを

腹をすかせて何キロも鍋のフタを持って歩いてきた兄弟を

ミイラのように包まれる小さな、なきがらを何度も見たし

屋根がないことが当然の様な子どももたくさん見ました。

僕たちは、たらふく食べ、病気になり、たくさん捨てることが許されるのに

食えなくて死ぬ人が信じられないくらいたくさんいる。

 

活動を始めた時に

“何がしたいの?”

といつも聞かれた。

そして、これは今でも言われる

どうやら日本ではマネーゲームで通帳の数字を増やすことは堂々と“仕事”と言えるのに、お腹を空かせた子どもに食事を渡すことは“仕事”ではないらしい

 

最初から僕の活動を信じてくれたのはごく僅かで

そんなことをして儲かるのか?

自分が食える様になってからしろ

施しは相手のためにならない

絶対に何か裏がある

この言葉と戦う時間の方が多かったかもしれません

 

お姉さんのいる夜のお店でお金を投げられて

”拾え、お前のしてることはそういうことだ”

と罵声を浴びせられたこともある

月末に家族へ渡すお金がなくて、生活費を貰いに行ったことは何度もある

自分の家族も守れない奴が、よその国の子どもの為に?

と失笑されたのは一度だけではない

 

良いことも悪いことも、色々と経験をさせてもらえたけども

その全てが自分の糧になっていると心から思う

そんな中、今も昔も変わらない気持ちが一つだけある

 

良心に従って行動をする

ただそれだけ。

儲かるとか儲からないの前に、自分は正しいと思うかどうか?

ここにだけは嘘をつかずにやってきた

 

おかしいでしょ?

同じ時代に生まれているのに、食事もろくにできない環境で子どもたちが生活していることが

理不尽でしょ?

生まれた場所が違うだけで、ただ死ぬのを待つだけの状況を余儀なくされるのは

 

いつも言ってますが、僕は善人になる気はない

理不尽を見て見ぬ振りする卑怯者になりたくないだけ

本当に価値があるものに必ずみんなの目が向くと信じてます

近い将来、本質的な価値を見直さないといけないタイミングがくるはず

衝撃は大きいですよ。

必ず準備を。

 

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.09.10
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 91

藤原ひろのぶ

全国のイベントスケジュールはこちら

循環型の商品を置いてます、よければ覗いてみてください^ ^↓(クリックするとストアに飛びます)

現在、バングラディシュで力を入れているギフトフード

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

(Visited 3,172 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA