toggle
2019-01-06

これ。。読んでみてください。





 

健康関連の本って、賛否が激しいんですね。

なので好き嫌いがあると思いますが、あくまでも個人的にオススメという本を選びました。

意見が色々とあるので、一文は控えておきます。

 

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-
本間真二郎
セブン&アイ出版
売り上げランキング: 571

病気にならない暮らし辞典

この本は何度も紹介させていただいていますが、なんというか・・・

一番バランスの取れている本だと思います。

著者自身が自分で実践をしながら説明をしてくれていますので受け入れやすいですね。

タイトルの通り、生活全般に対してのアドバイスがされているコトと、著者の雰囲気もあるんでしょうが、こういうジャンル本特有の攻撃的な感じがしません。

健康関連の本を読む上での入り口になる本では無いかと思います。

ちなみに本間先生の新刊はこちら

病気にならない食と暮らし
本間真二郎
セブン&アイ出版
売り上げランキング: 56,519

興味のある方は是非(^ ^)




 

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1,467

食品の裏側

この本も有名ですね、そしてアンチもたくさんいます。

この人の人間性を知っているわけではないので、どういった目的でこの本を書いたのかは正直わかりませんが、本に書かれているコトは至極まっとうだと思います。

書かれているコトを冷静に見れば、食品添加物の恩恵もしっかりと書かれていますし、メーカーを頭ごなしに批判しているわけでもなく、買い手の感覚に問題があるというコトを指摘しています。

要するに”選ぼう”というコトを言ってるわけですね。

この内容を見て怒っている人たちは、食品添加物を使って仕事をしている人だと思いますが、この本に書かれている内容を冷静に質問すれば「それは。わからない・・・」という答えしか出ないと思います。

わからないモノを大量に日々の生活で摂取している、というコトを気付かさせてくれる本です。

 

 

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)
石川 拓治
幻冬舎 (2011-04-12)
売り上げランキング: 25,361

奇跡のリンゴ

自然栽培の走りとなった本ですね。映画にもなりました。

いわゆる自叙伝の部類に入ると思います。

今は色々と活動を広げてらっしゃるようで、よくセミナーなどのお知らせが来たりします。

消費者にはすごく評判の良い本ですが、同業者(農家)からは、あまり良い評判を聞きません。

批判の解釈は難しいのですが、見方によっては消費者のニーズ(生産量)に応えるコトができるのか?という経済的な角度と、消費者が自然栽培に傾倒するコトに対する恐れ、その両方を感じますね。

こういう方が出てくると、農薬使っている農家が悪みたい言い方をする人が出てくるんですが、野菜の価格が今の2倍になっても良いなら、多くの農家が取り組むと思いますね。税金をもっとこういった技術に投入すればいいのに・・・と心から思いました。

 

医者の私が、がん検診を受けない9つの理由
岡田 正彦
三五館
売り上げランキング: 190,611

医者の私が、がん検診を受けない理由

この本の良いところは、医師が本来得意とする数的な根拠を逆に使いながら、医師ががん検診の問題点を指摘しているところにあります。

「根拠を示せ‼︎」

みたいな事を言われると思うのですが、その辺りの根拠を明確に示しているんですよね。

良い本だと思うので一度読んで見てください

 

病気にならない人は知っている
ケヴィン トルドー
幻冬舎
売り上げランキング: 26,285

病気にならない人は知っている

アメリカのベストセラー本で2006年の段階で900万部以上売れた本です。

今でも販売部数が伸びている本ですね。

社会保険のないアメリカは自分の体を守るという感覚が日本人より強いですね(実践できているかどうかは別として)少し日本と違う習慣があるので読んでいても?と思う部分があるのですが、アメリカの医療が影響している日本なので、大いに関係する内容だと思います。

ここまで徹底的に調べる人も少ないのではないのでしょうか?途中何かしらの宣伝が入りますが、大切なことが書かれていると読んでいて思いました。

 

次は社会問題系でオススメの本をご紹介します




next2

 

おすすめの本・社会問題編



(Visited 35,023 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA