toggle
2019-01-06

これ。。読んでみてください。





 

まずは生活全般で役に立つと思う本を紹介します

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 19.01.06
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 1,657

買いものは投票なんだ

自分の本を紹介するのもなんですが笑

良い勢いで広がっていると思ってます(^ ^)よければ手にとって見てください‼︎

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

posted with amazlet at 17.01.15
ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房
売り上げランキング: 1,033

夜と霧

有名な本なんですが、実際に強制収容所に入ったユダヤ人医師が自身の体験を元に、収容所という地獄の様な環境下で人間の精神がどの様に変化したていくか?そして収容所を生きて出たあと、生き残った人々が心に何を感じたのか?などが体験者の立場として書かれています。この人が書いていなければ大問題になった内容かもしれません。

衝撃を受けた一文は

「強制収容場にいたことのある者なら、点呼場や居住棟のあいだで、通りすがりに思いやりのある言葉をかけ、なけなしのパンを譲っていた人々について、いくらでも語れるのではないだろうか。そんな人は、一握りだったにせよ、人は強制収容所に人間をぶち込んで全てを奪うことができるが、たったひとつ、あたえられた環境でいかにふるまうかという、人間としての最後の自由だけは奪えない、実際にそのような例はあったということを証明するには十分だ」

ぜひ読んでください。

 

 

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン
NHK出版
売り上げランキング: 5,884

MAKERS(メーカーズ)

ロングテールという本で有名になった、クリスアンダーソン氏の著書です。

働き方に対する警鐘と僕はとらえました。

3Dプリンターから始まるこの本は、ものづくりの形が世界全体で変わりつつあると言っています。

前作のロングテールでは、ネット社会によるモノの流通の仕方を掘り下げて解説していましたが、まさに今そういう社会になっています。職人さんに見て欲しい1冊かもしれません。

心に残った一文は

「より多くの人が、より多くの場所で、より多くの小さなニッチに注目し、より多くのイノベーションを起こす(中略)そうした企業の総和が、ものづくりの世界を再形成するコトになる」




 

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
サイモン・シネック
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1,592

WHYから始めよ!

TEDというプレゼン番組でこの人が話しているのを聞き、感銘を受けて読んだ本です。

先にプレゼンを聞いてみるとすんなり入るかもしれません。

何を売っているのか?ではなく何が目的なのか?

人が共感を示す組織と、そうでない組織は、どの様な違いがあるのか?それをわかりやすく説明してくれています。

プレゼンはコチラ↓

優れたリーダーはどうやって行動を促すか?

心に残った一文は

「ビジネスの目標は、単にだれか(大衆)に商品を売ることではなく、理念や志に共感してくれる人を探すことにある。」

 

 

第3の案 成功者の選択

第3の案 成功者の選択

posted with amazlet at 17.01.15
スティーブン・R.コヴィー ブレック・イングランド
キングベアー出版
売り上げランキング: 5,384

第3の案

七つの習慣の著者の本です。

分厚い本ですが、本が嫌いな妻も全ページ読みました。

右か左か?敵か味方か?といった選択をする前に、双方にとって、または社会にとって最適な提案はないのか?

物事の捉え方がすごく広がる一冊で、色んな分野の人が活かせると思います。

心に残った一文

「われわれが直面する重大な問題というものは、その問題を引き起こした時と同じレベルの思考では解決できない。もっとも困難な問題を解決するためには、考え方を根本的に変えなければならない」

 

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房
売り上げランキング: 1,308

影響力の武器

有名な本で、僕が行動経済学に興味をもつきっかけになった本です。

まぁ一言で言うならば

悪用禁止ですかね(笑)

人間の行動原理というか、反応を細かく研究してその対処方まで書いてます。

難点はあまりにも分厚い本なので、本が苦手な人は見ただけで嫌になるかもしれません。

自分の興味があるところだけ読んでも良い本かもしれませんが、役に立つ本だと思います。

心に残った一文

「何が人を動かすのか」に関する心理学的知識は諸刃の剣である(中略)高い倫理性に基づいて、こうした知識を活用する能力(インフルエンス・リテラシー)を持つことは、これからの私たちにとって必要なことかもしれない」

 

次に健康系の本で良いと思ったものをご紹介します。




next2

 

おすすめの本・健康編



(Visited 35,611 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA