toggle
2017-04-26

病院経営の味方?


 

透析治療のほとんどの入り口は

 

糖尿病だと思ってください

注意:(先天的に人工透析が必要な方もいますので、全ての患者さんを一緒にしているわけではありません、あくまでも統計上の話です)

 

1型と2型の糖尿病がありますが

現在、日本で問題視されている糖尿病は

生活習慣が原因で発病する2型糖尿病

人工透析患者の45%が糖尿病からの発病というデータがあります。

 

下記のデータは厚生労働省のデータですが

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-17-16-48-26

予備軍も含めて2050万人

ぞっとする数です。

ちなみに都道府県別の糖尿病率が出ていました。

 

一番糖尿病が多い県はどこと思いますか?

こちらも厚生労働省のデータがありました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-17-16-48-02

青森県ですね。

あなたの県は何位でしたか?

 

話を戻しましょう。

 

この糖尿病が改善せずに慢性化すると

 

腎不全という病気になります

 

腎不全は悪化すると命に関わる病気。




簡単に説明しますと。

 

糖尿病が進むと膵臓のβ細胞が死んでいきます。

 

腎臓には血液の老廃物をろ過し尿として体外に出す役割があるのですが

腎不全は腎臓が機能しなくなり

 

老廃物を体外に出せなくなります。

 

すると

体中が浮腫んだり、血圧が高くなったり、貧血を起こしたり。

 

この状態を放置していると最終的に

 

尿毒症となり死にいたります。

 

これを防ぐために治療を行うわけですが。

当然、透析治療をやめれば死んでしまうので

患者さんはリピーターとなり病院に多額のお金が落ちる仕組みになります。

 

病院経営にとっては大きな収入源でしょう。

 

僕の主観ですが

人工透析を初めてから、透析が必要なくなるまで回復した人を

 

一人も見ていません

(僕が見ていないだけでいるかもしれませんので)

 

 

患者の半分以上は60歳以上男性

1回5時間前後

一日おきの通院

患者さんにとっても相当の負担です

 

「不要なクスリ無用な手術」の著者 富家 孝さんは次のように記しています。




next2

 

人工透析を受ける前に



(Visited 20,305 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA