toggle
2018-10-12

報道が歪む理由





 

まずはテレビ局がなぜここまで同じ様な話題を沸騰させるのか?

この答えは単純明快で

視聴率が理由です

たくさんの人が見るであろう報道をしなければいけないんですね。

世界の情勢などの深刻な問題(一部報道の規制もあると思いますが)よりも、芸能人の不倫騒動のほうが視聴率が良いのでしょう。

このあたりに日本人のメディアリテラシーの低さが伺えます。

それでは、テレビ局がなぜ

視聴率にこだわるのか?その理由を書きたいと思います。

 

CMは大きく分けて

タイムCMスポットCMに分かれています。

 

例えば

「ごきげんよう」(終わりましたが)

毎回、ライオンのCMが流れますよね?

これがタイムCM

固定客だと思って下さい。

 

「世界不思議発見」は日立でしたね。

 

それとは別に

「二十日、三十日は5%オフ♪」

はイオンですよね。

 

例えば2月3日に、このCMを流してもあまり効果がありません

なので18日とか19日など、目的に近い日にCMが流れます。

これがスポットCMですね。

 

大きく分けてこの2種類のCMがあると思ってください。

タイムCMの場合は

テレビ局は15秒◯◯万円で枠を企業に販売していて、局によってその価格は違います。

 

関東を中心に放送されているテレビ朝日は

400,000円〜750,000円/15秒

と言われています。

仮に1時間番組で4分間の広告を流そうとすると

最低でも640万円の広告費(製作費用などは別)が発生するわけです。

 

一年間企業が契約を続ければ大凡

 

3億円

 

これ、一つの番組だけでです。

当然、視聴率が低迷してくると契約を継続してもらえません。

 

それよりも

視聴率が大きく関係してくるのはスポットCM

例えば一つ番組のCMを

視聴率1%あたり◯◯万円で販売するわけです

 

ありえ無いコトなのですが、計算をわかりやすくするために

視聴率100%の番組があったとしましょう

 

企業の予算が1,000万円だとしたら

100×100,000円なので

一つの番組でその予算を使い切れるわけですね。

 

仮に1%の視聴率だと

100番組にそのCMを流さ無いとダメなわけです。

 

ちなみに広告枠は法律で定められていますので

枠を増やすことは出来ません

だから視聴率を上げるしかないわけです。

 

要するに視聴率が各局の売り上げに直結するので

熾烈な視聴率の争奪戦が繰り広げられているんです。

不倫騒動を面白おかしく発信して、視聴率が上がれば、それを取り巻く多くの人に恩恵が生まれるんですね。

 

実はこの仕組みが、僕たちの生活に大きな影響を与えています




 

この循環を生み出しているのは?



(Visited 73,264 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • まつみ よーこ より:

    私もTVでやってましたと言う言葉をよく使ってます(*^^*)
    情報は選択しなくては。
    いろんな方面から物事を見ていると、TVを見るのがバカらしく思えてくることがあります。 ウソばっかり並べてる、とか そこ違うやろ とか。その言葉の裏に隠されたもの、言い換えられたものは何か なんてね。

    CMの契約料ってすごいんですね。

  • 太田美貴子 より:

    宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA