toggle
2018-10-12

報道が歪む理由





 

ひろのぶです^ ^

愛知県での4日連続お話会

豊川市

 

長久手市

そして本日は尾張一宮

たくさん集まってくれてありがとうございます^ ^

また会いましょうね‼︎

そして僕のホテルには

大量の本が・・・。

メッセージを書け‼︎と送られてきた本たち。

商品の発送が遅くなり本当に申し訳ないです。。。

改善して行きますので‼︎

そんな僕のLINE@とInstagramはこちら

バングラデシュからの投稿はインスタとライン@が中心となります。

今回はプロのカメラマンがついてきてくれるので、よければインスタフォローしてください^ ^

 

考える力を奪うもの、その代名詞としてテレビがいつも挙げられます。

まぁテレビよりも、内容の問題なんですけどね。

最近テレビ離れが多いと聞きましたが

それでもまだ、見てる人が大半だと思います。

 

見ていなくても

テレビを付けているだけ

の人はたくさんいますね。

 

情報は大切です

けども

情報を選ぶ能力はもっと大切

そして、その行為が情報を発信する側を成長させます。

 

このページも同じで。

誰も見なければ成り立たない

その傾向、テレビはもっと顕著に現れます。

 

この情報過多の時代、誰も見なければ

なかったコトと同じになります。

 

ものすごく僕たちの生活に影響する情報源の

報道の傾向性を

視聴率やスポンサーの観点から記事にしてみようと思います。

それが僕たちの生活にどんな影響を与えているのか?

 

知っているようで知らない報道のコトについて調べてみました。




 

視聴率と広告費の関係



(Visited 70,485 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • まつみ よーこ より:

    私もTVでやってましたと言う言葉をよく使ってます(*^^*)
    情報は選択しなくては。
    いろんな方面から物事を見ていると、TVを見るのがバカらしく思えてくることがあります。 ウソばっかり並べてる、とか そこ違うやろ とか。その言葉の裏に隠されたもの、言い換えられたものは何か なんてね。

    CMの契約料ってすごいんですね。

  • 太田美貴子 より:

    宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA