toggle
2019-05-21

死亡診断書


 

PMDA(医薬品医療機器総合機構)という団体があるんですね。

医療従事者もしくは製薬会社は、副作用らしき症状が確認された場合にそこへ報告する義務があるとのコト。

ここから来るデータを基に、抗がん剤の副作用などの症例を統計化していると聞きました。

 

ということで。

 

PMDAのホームページで抗がん剤を中心に調べてみたんです。(URLは記事の最後尾に載せておきます)

そこにはデータベースが用意されていて、抗がん剤の種類ごとに症例が記載されていました。

僕が注目したのは、ここ。

評価です。右下のところにCって書いてますね。

この評価ってのは、患者が死亡した場合にのみ記載をします。

ちなみに評価の仕方は次の通りです。

シスプラチンと言う肺がんに患者に使われる抗がん剤について調べました。

驚いたことに、死亡症例100人中(最新のモノから)100人が

C評価なんです

途中でしんどくなって見るのやめたのですが、よければ興味のある人はB評価の症例を探してください。

 

なんと言いますか。やっぱり・・・という気持ちですかね。




もちろん回復症例があるので、一概に評価は出来ないのですが。。抗がん剤を投与して肺炎になって亡くなっても

因果関係は証明できないから、なんとも言えません。

とデータに残していると言うこと。

これを基に厚生省がデータを作っているなら・・・副作用からの死亡症例って、医師と製薬会社以外わからなくなりますよね?

これを見ると抗がん剤に対する情報が錯乱する理由がわかります。

 

もう一つ・・・。

厚生労働省は

抗がん剤の副作用で死んだ人が何人いてるのか?

という質問に対して、このように返事をしてくれました。

 

死亡診断書を基に作った統計データでは2015年で

 

3名

とのコト。

絶句ですよ。

 

日本に多いがんの死亡者の何割が、がんで死んでいるのか?抗がん剤の影響で死んでいるのか?

本気で調べるべきだと僕は思うんですけど・・・これじゃ無理でしょうね。

これが、ものすごく抗がん剤に違和感の感じる部分なんです。

 

自分の命ですから、最終的な治療の選択は自分に責任があります。

サインするはずですから、いろんな書類に。

是非とも慎重な判断を・・・。

色んな人に、伝わるコトを願います。

 

全国で開催されているお話会のスケジュールはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/goodearthschedule

 

ひろのぶ

買いもので応援はこちら↓

https://kenkonosusume.stores.jp

学校を建てよう‼︎へ参加はこちらから↓

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

全国で開催中のセミナーはこちら↓

https://m.facebook.com/groups/2202364003386159

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.10.20
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 447

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 73,469 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント4件

  • 木村眞樹子 より:

    いつも興味深くよませていただいています
    ちょっとだけ。
    循環器内科を生業としているものです

    ア 心不全
    イ 肺がん

    にはなることはまずないと思いますのでその点ご留意いただければと思いコメントさせていただきました

    あと
    抗ガン剤後に肺炎になる方は山ほどいます
    骨髄抑制から 日和見肺炎になる方、筋力低下から誤嚥性肺炎になる方
    間質性肺炎などは 抗ガン剤の副作用 といえるかもしれませんが それ以上に 感染性肺炎で亡くなる方が多いと思うので す
    お知り合いの医師の方もおっしゃられたことかと思いますが それ故 抗ガン剤 が死因 とは書きにくいのではないでしょうか

    • kenkonosusume より:

      ありがとうございます^ ^例えで書いたのですが訂正しておきますね。

      感染性肺炎の所をもう少し詳しく教えて欲しいですm(_ _)m

  • 木村眞樹子 より:

    普段からがんと向き合っている医師の知見には到底及びません
    あくまで 非がん治療医の戯言です

    肺炎 と一言でいっても様々あります
    大きく
    ・感染性(細菌、ウイルス、真菌 他
    ・非感染性(間質性肺炎、器質化肺炎 他
    と分けるとすると 抗ガン剤の副作用で 直接 感染性になることはありえません。
    がんをもっている方はそれだけで 易感染性宿主 といって 普通の人よりも感染に弱いです。また、抗ガン剤の副作用にはほぼ必発の 骨髄抑制 があります。これにより感染のリスクはとても高くなるので 無菌室などが必要になります
    闘病生活により体力の衰え もあるでしょう、すると嚥下機能の低下を引き起こし、誤嚥から誤嚥性肺炎(通常 肺は無菌です、食べ物や唾液が肺に入ることでそこについた細菌が繁殖し肺炎を引き起こします)になる可能性も高いと言えます
    これらは もとは がん を基礎疾患とし そこから派生した病気 ということなので原因は がん ということになります

    昔 イレッサ(ゲフィチニブ)という抗ガン剤が話題になったことがあります。私も医師になる前でしたが知っているので一般的によく知られた話と思います
    この薬は 肺がんの 夢の薬 と期待されましたが 間質性肺炎 という副作用で亡くなる方が相次いだことから 注意喚起がされ 事前に副作用を引き起こしやすい人 をスクリーニングする努力がなされるようになっています
    様々ある抗ガン剤の添付文書を読み込んでいるわけではないのでわかりませんが
    慢性肺炎 という書き方だと 非感染性肺炎をさしているのではないかと思います

    長々 駄文で失礼いたしました
    未病 や 病気を予防する ということにとても興味があります
    医師は 病気になってしまったところからどうするか という場合が多いですからね
    医療に対して色々な意見がありますが 少なくともわたしの出会った医師は 病気を治そうという人しかいません、がん治療医で 死なせようと治療薬を使う人はいません むしろ疑問を抱きながらでも「生かすための治療」を行わないといけないことも あります
    医療の中で疑問を持った場合にはその場で担当医と十分にお話してもらいたいです
    医師としても本人 家族が十分に受け入れた状態でないと医療はできないと感じています

  • 中村一茂 より:

    こんにちは。
    いつも思っていました。
    芸能人が癌を発表するたび。

    元気だったのに発表して1、2年で亡くなる。

    あのまま知らないでいたらちょっと具合悪いなくらいで数年は長生きしてるんじゃないか?と。

    嫁さんにそれを言ったら

    生きてる人もいるからそんな事は無いと。
    抗がん剤は悪くない。

    それはたまたま部位が良かったか、早期、だったからじゃないかな?と言いましたが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA