toggle
2018-09-16

贅沢が当たり前になって国で暮らす子どもたちへ





 

ひろのぶです^ ^

この投稿あたりから、全国を回らせてもらえる様になりました!

今日は滋賀県の彦根市で

また会いましょうね^ ^

そんな僕のLINE@とInstagramはこちら

よければフォローをしてくださいね‼︎

以前に”西塚ゆうちゃん”という子から質問をもらって書いた記事なんですが、どこにあるのか見つからないと連絡がきたので再度投稿します。

子どもからの質問は全力で答えますので^ ^

以下過去記事(リメイクしてます)

 

コメント欄にこんな質問がきました。

 

 

西塚ゆうちゃん。

君は何て素晴らしい勉強をしてるんだ。

しかも丁寧に「藤原宏宣」さんと名前まで書いてくれて。

とても嬉しく思います。

お礼に。

 

 

 

はちみつをあげよう。

 

・・・怖い?

真剣に答えましょう。

小ボケを入れたのは、この質問の答えは本当に難しいからです。

 

ゆうちゃんに質問です。

貧困って何かな?

 

お金が無いことかな?

着る服が無いことかな?

食べるものが無いことかな?

どう思う?

 

この世界には二種類の貧困が存在(そんざい)していると言われていて

絶対的貧困(ぜったいてきひんこん)ってのと相対的貧困(そうたいてきひんこん)ってのがあります。

少しだけ難しいけども、これは覚えていてほしい。

この二つ、何が違うかというと

最初の”ぜったいてきひんこん”は食べるものが無かったり、水が無かったり、着る服が無かったり、住む家が無かったりする人たちのことを言ってます。

僕が行ってるネパールとか、バングラデシュとか、アフリカ大陸の多くの国では、まだこの状態にいる人たちがたくさんいて、世界中で8億人近くいてると言われている。

たぶん本当はもっといてると思うんだけど、ちゃんと数えることができていないんですね。

 

 

この写真に写っている子たちはゆうちゃんとほとんど同じ歳だけど、毎日大量に捨てられるゴミの中から使えるものを探して、それをお金に変えてご飯を食べています。

良いゴミが無かった時はご飯は抜き。

だからこの子たちの中で太っている子は一人も見ない。

学校にはずっと行けて無いので、文字を書いたり読んだりすることができない。

ゆうちゃんのまわりには文字が読めない子とか、書けない子はいてるかな?

たぶんほとんどいないよね?

こういう人たちの状態を”ぜったいてきひんこん”って言います。

 

では、もうひとつの”そうたいてきひんこん”ってなにかというと

例えばゆうちゃんのクラスの皆んなが携帯電話を持っているのに、ゆうちゃんだけがお金が無くて携帯電話を持てなかったらどんな気持ちだろうか?

別にいらないかもしれないけどね笑

違う言い方をすると、皆んなが”ふつう”に持っているモノを、お金が無いから買えなかったりしたらどんな気分だろう?やっぱりすこし嫌な気分になるよね?

水や電気は使えるから、ご飯が食べれなくて死んでしまうってコトはほとんどないんだけども、まわりと比べて”貧しい”状態を”そうたいてきひんこん”って言います。※日本では平均所得の半分以下で生活をする人々を相対的貧困と呼びます

少し難しいかもしれないけども、これは覚えておいてね。

 

僕が行ってるネパールとか貧しい国には”ぜったいてきひんこん”が多くて、日本には”そうたいてきひんこん”がたくさんあります。

だから、貧困問題というのは日本にもあると言うコト。

この貧困問題がどうやったらなくなるのか?をずっとかんがえてきたんだけども

どちらも人に対する”優しが”なくなってしまっているから、なかなか解決ができないと僕はおもうんです。

 

例えばね、世界中の人がお腹一杯に食べるコトが出来る量のたべものはこの地球にちゃんとあるんだけども、なぜさっきの子どもたちはご飯を毎日食べるコトができないとおもう?

それはね、お金持ちの国が食べきれないほどたくさん買って、それをゴミ箱にすてているから。

しかもその食べ物に関係しているモノはほとんど貧しい国で作られているのに、4歳から20歳までチョコレート農場(カカオ農場)で働いていた子どもが、一度もチョコレートを食べたことが無かったっていう話があるくらい。

 

ほかにも・・・ゆうちゃんはお肉好きかな?

僕も好きなんだけど、牛は人間の約30倍の餌を食べるんです。

そしてその牛は2015年の時点で世界に14億頭いてるから、420億人分の食べ物を食べているコトになる。

これ牛だけの話ね。

豚さんとか鶏さんとか、山羊さんとか羊さんを全部合わせると

700億匹(頭)の動物を人間が飼って食べてることになる。

すごい数でしょ??

けども貧しい人がお肉を食べるのは1ヶ月に1度くらい

この子は僕たちが食事を持って行くまで、ほとんど毎日雑草を食べていたんだって。

何かおかしいと思わない??

そしてたくさん作ったお肉も、いっぱい残して捨ててる現実があるんだね。

こういうことが他にもたくさん、今の世の中にはあります

 

僕にもゆうちゃんと同じ歳の子どもがいてるんだけど、例えばね僕の家にご飯がなくて子どもがお腹を空かせているのに、隣の家では好きなだけ食べて飲んで、食べれないから捨ててるとしたら・・・どんな気分だろうか?

話して分けてもらえないなら・・・奪(うば)いに行くかもしれないね。

複雑(ふくざつ)な理由はたくさんあるけども、やっぱり食べるコトができないっていうのは、戦争とか争いの大きな理由の一つだとおもうんです。

分け合わないといけないのに、お金持ちの国に住む人はケチで少しだけあげるのも怖い。

自分のまわりからモノやお金が減るのが怖い。

 

「人を思いやることのできる優しい人になりなさい」とか「人を守れる強い人になりなさい」って言われたことないかな?

嘘をついちゃいけないとか、人を傷つけてはいけないとか。

僕たち大人はね、そうやって子どもに教えてるのに平気で嘘をついて人を傷つけてる。

これはね、ゆうちゃんや、ゆうちゃんの友達に僕が謝らないといけない。

本当にごめんね。

だから少しでもちゃんとした状態になるようにと思って仕事をしています。

 

長くなったけども最後に

 

この子はミーム・アクターちゃんと言って、ゆうちゃんと同じ12歳。バングラディシュのスラム街に住んでます。

小さい頃にご飯がなくて栄養が足りなくて、目が見えなくなって、脳に障害(しょうがい)をもってしまったんです。

このお母さんは働いてないのか?というと働いてたんですね。

1日12時間ちかく、毎日毎日、日本人とかアメリカ人が着るための服を作っていたけども、それでも全然食べるコトが出来なくて、それで栄養失調(えいようしっちょう)になってしまった。

 

さっき日本には”そうたいてきひんこん”がたくさんあると言ったよね?

僕はね、何かと比べて起きてしまう貧困問題なら、このミームちゃんと比べて欲しい。

それに気づかないといけないのが、ゆうちゃんたちが生きて行く時代です。

この子たちと仲良くなって、皆んなが幸せに生きていける世界にしてください。

僕も出来るところまで走り続けるので、いつかそんな僕を踏み台にして大きく羽ばたいてくれるとすごく嬉しいです。

ゆうちゃんの踏み台になったときに、崩れないように力をつけておくので(笑)

 

質問してくれてありがとう。

どこかでいつか会いましょう^ ^

しっかりと勉強をして、人を守れる大人になってください。

 

ひろのぶより

 

ひろのぶ

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.09.13
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 238

全国のイベントスケジュールはこちら

循環型の商品を置いてます、よければ覗いてみてください^ ^↓(クリックするとストアに飛びます)

現在、バングラディシュで力を入れているギフトフード

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

(Visited 14,823 times, 1 visits today)

関連記事

コメント2件

  • まーや より:

    わたしも12歳です。この前、学校で自由作文をかきなさいという授業があったときに、わたしはネパールのことを書こうと思いました。ネパールにお友達がいるお母さんに、ネパールは貧しくて、学校に行けないこどももたくさんいる、助け合わなくてはいけないと聞いていたからです。お母さんは天文学の仕事をしてますが、地球はひとつ、思っているより案外小さい、地球みんなで協力をして守らなくてはならないと言っています。でも、この題材を書こうと思うと学校の先生にいったら、ネパールはそんなに大変な国じゃない、とひとことで言われてしまって、なんだか、書けなくなってしまいました。お母さんにこの記事を読ませてもらって勇気が出ました。ありがとうございます。

  • 佐藤 啓子 より:

    あと動物たちを尊重し、犠牲をなるべく減らす生活をしていきたいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA