toggle
2017-10-21

日本と世界の子どもの貧困





 

よく槍玉に挙げられる海外の貧困はこういう状態。

 

ジャハナラちゃんですね。

この子ね、死にかけてたんです。栄養失調で。

今も身体に障害が残って動けません。

 

この子はミームちゃん

 

この子は、幼少期の栄養失調が原因で脳に障害を負いました。

この国では長くは生きれないでしょう。

 

なんども言いますが、この子たちの親は一生懸命働いていたんですよ。

怠けて、贅沢をしてこの状態にいるわけではないんです。

1日10時間以上働いても生活が改善され無いんです。

僕らが吸い上げているから。

 

僕はこれを貧困と感じます

日本で1日ご飯が食べれ無いのは”貧困”ではないんです。

言うならば、思いやりが足り無い”心の貧困”なんですね。

 

以前に日本の孤児院を覗かせてもらった時に、物凄く暗い雰囲気を感じた事があります。

施設からの説明も”親から虐待を受けて心に傷を負った子どもたちが多い”と説明されました。

 

なるほど。

 

 

この子たちは、毎日ゴミの中からお金になるモノを探すために学校にも行かずに働いています

 

 

この子たちはの大半は親に捨てられたり、虐待を受けたり、色んな理由でこの孤児院にたどりつきます。

 

 

この人たちは、幼い頃から働くことや結婚を強制されて、洗濯と食事しかしてこなかった人がたくさんいました。

 

僕はね「彼(彼女)らに比べれば日本の貧困なんてマシだ‼︎」とかいう幼稚なコトを言いたいわけではないんです。

僕たちが本当に考え無いとダメなことは

”彼ら彼女らはなぜそんな状況の中でも笑顔でいることができるのか?”

ってことだと思うんです。

”彼らには生きようとする強い意志があり、日本はそれが薄れているのか?”

 

僕はそれを探してるんですね。

 

心に問題があると、どれだけ良い”方法”を用意しても改善しません

そこにね、日本が抱えているたくさんの問題の答えがあると思うんです。

皆さんに積極的な参加を促す理由の一つでもありますね。

そこに大人が気づかずに、こどもの問題を解決できるわけがないんです。

 

ちなみにですが、ネパールの孤児院から日本の孤児院に、近々寄付をしてもらうつもりです。

彼らは必ず”困っている人がいるならば是非とも”と返事しますよ。

わかります。

もちろん、大きな金額を寄付できるわけではありませんが

そういう事なんですよ、日本人が失ってしまっている事って。

 

表面的な取り組みを続けても、問題って解決しないんです。

本当にその問題を解決したいと思っているならば、その壁にぶつかっているはずです。

自分の名聞名利(名声と財産を得ようとする欲のこと)のために活動をしていたら一生ぶつかりませんからね。

視野を広げると、必ず見えてくるはずです

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。。

いつも読んでいただきありがとうございます‼︎

皆さんのおかげで途上国での事業が再開できました。

僕たちの活動も含め、応援していただける方はショップで何か購入していただけるとものすごく嬉しいです。

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

 

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

 

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

化粧をする方は是非この記事を読んでください。

買い物は投票です! !

写真をクリックすると記事に飛びます

スクリーンショット 2017-01-23 11.29.14

 

 

下記の記事では情報がなぜ歪むのか?をお伝えしています

僕たちの生活に、なぜまともな情報が届かないのか?を書きました

写真をクリックすると記事に飛びます

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






この記事が良ければいいねシェアをお願いします‼︎

(既にいいねを押していただいている方が下記ボタンを押すと、いいねの取り消しになるのでご注意ください)

下記の青色枠が 👍 このマークの方はクリックすると最新情報を受け取れます

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 12,705 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • まつみ よーこ より:

    三世代同居も普通で町内会も円滑な運営がされていた頃は、隣近所も仲良くて、子供らも年齢バラバラでよく遊びました。よその家に上がり込んでご飯まで食べさせて貰ったり、お掃除手伝ったり。

    なので、お金を払って、子守りをしてもらうシステムがしっくりこなかったですね。でも、今、『自分は悪くない』が基本のような世の中なのでそれも仕方ないかと思うようになりました。

    核家族になってわずらわしさが無くなったのかもしれないけれど、社会の成り立ちもギクシャクしたように思います。家族ですら助け合えない。 除菌、殺菌に躍起になるほど神経質で、血縁じゃない家族とは上手くやれない。プライバシーに異常なほど敏感。遠慮という言葉も謙虚という言葉にも御構いなし。そんな中で育つんですからね。『義実家』という言葉を聞いた時は、オクチ ポカンでした (~_~;)

    耳が痛くなるほど 辛いものを食べ、間食率1%などという麻婆豆腐があるそうな。馬鹿馬鹿しいと心底思いました。

    ひろのぶさんの言葉はズッシリ重いです。

  • 小森朋美 より:

    ずっと、なぜ?日本じゃないのかな?
    って、思ってました。確かに、日本は貧困ではないと、いつも思ってはいました。
    だって、仕事だって全然あるし、食べる物は捨てるほどある。勿体無い事だらけ。

    いつからなんだろ。
    道で、誰かが倒れてても、見てみないふりして
    自分の用を優先するような、
    今に、なってしまってる。
    自分の利益を最優先すると、あまり
    他人に関わる時間が、おしくなる。
    嫌な事言って、嫌われたり、怨みをかうより
    ニコニコして無関心の方がいいんだろうなあ。
    と思います。

    確かに、私一人では何も変わらない。
    でも、今に流されるのはやだ。
    と言うか、自分の気持ちと違う行動をは
    極力したくない。
    確かに、世の中は我慢だらけです。
    己の思い通りになんて、なるわけはありません。でも、ハートの部分では、みんなが、幸せになる選択はしたいといつも思います。

    まだまだ、ボンヤリとしてますが、貴方を知って、何となくですが、遠くで光をみつけて、そちらを見ているような感じです。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA