toggle
2018-04-14

消毒液の大きな間違い


 

湿潤療法(しつじゅんりょうほう)ってご存知ですか?

 

傷口を乾燥させない治療方法です。

 

普通僕たちは逆をイメージしますよね?

 

怪我をしたら水でしっかりと洗い流して

サランラップ巻いておけば良いとのこと

 

カーゼはダメなようです。

 

先ほども書きましたが

傷口が深い時などは消毒をしっかりとしましょう。

 

調べてみると

医療機関でも実践されている治療法なので安心できます。

これって新事実のように言われているんですが

・・・。

人間の自己免疫システムですよね?

 




 

全体的に言えるコトではあると思うのですが

 

抗生物質

抗がん剤

除菌

消毒

 

なんというか・・・

 

排他的ですよね。

最近ファブリーズのCMで除菌のために化学物質を家中にばら撒いている行為を

「母の愛」

と表現しています。

過保護は愛ではない

 

必要な場面もあるとは思うのですが

自分の体も、無数の菌や微生物が守ってくれている。

人間自体が菌の塊なんです

 

食品とかその他多くのコトでもあてはまるんですが

人間って生き物。

色んなものと共生して、初めて僕たちの存在が確立されているんですね

 

化学物質だけで生きているのは

ロボットであって

生き物ではありません。

 

体に悪い根拠は?とか

科学的見解が乏しいとか

 

そういうコトを議論する前に

生き物として普通のコトを

しっかりと見直せば答えが見つかるんじゃ無いかなぁ?

 

と現代に溢れかえっている除菌グッズから学びました。

ライン@の登録はこちらから

追伸

藤原ひろのぶ

追伸

オンラインサロンで伝え方の講習をしています。

一緒に発信力を付けていきましょう‼︎(写真を押すと記事に飛びます)

※必ず詳細をお読みください

 

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 105,642 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント5件

  • かみややすこ より:

    メルマガお願いします。

  • まつみよーこ より:

    傷口が膿んではいけないので消毒するって暗示にかかってます。コワイ、イタイがそこに隠れてる心理かな? こんな話を聞いた記憶があります。ムツゴロウさん、動物に噛まれても血を垂れ流しながら言うそうです。この方が早く治るって。
    周りの人はドキドキしっぱなしだそうです。(^^;;

  • 今から25・6年ほど前のことですが、貧血で倒れ顔の頰骨から目尻にかけて、怪我を負った事がありました。場所が学校だった事も有り、保健室で消毒液で消毒され、絆創膏を貼られました。しかし、職業がら、顔面に傷はまずいので、家に帰ってから流水で傷口をよく洗い(消毒液を洗い流すため)その後は1日目は、傷口を守るため、絆創膏を貼りましたが、薬は塗らず、傷の治り具合を見て、後の日は絆創膏も貼らずに治した事があります。これは、私の経験上傷あとを残さず綺麗に治す方法です。簡単に言うと、傷あとを残さず治すためには、消毒と薬は一切使わず、自然治癒力で治す、これに尽きます。

  • さかもとまさひろ より:

    職業がら、よく小さなケガをします。刃物をよく扱うので…
    で、血が出るといろいろ汚れて困るので絆創膏は常備しています。
    一度ケガして、絆創膏を貼ると一週間くらいはそのままはずしたりはしません。
    化膿して大変な思いをした経験はありませんねぇ~
    昔、転んで擦りむいてもツバつけてほっときゃ治るってよく言われてました。
    昔からケガ多かったんだなぁ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA