toggle
2017-07-06

給食のコト





 

給食って都道府県や各地域によって違いがあります。

この本を見たコトはありますか?

 

給食で死ぬ!!―いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!
大塚貢 西村修 鈴木昭平
コスモトゥーワン
売り上げランキング: 82,041

良書です。

長野県真田町で起きた本当の話。

タイトルが怖いですが、煽りでも何でもなく子供達の成長に影響を与えるコトが証明されています。

いじめ、非行、不登校が多かった荒れた学校を、この著者の大塚さんが就任し給食や授業の見直し、花壇作りなどを行い学校を立て直した話です。

特に意識して欲しいのが給食。

パンや肉を中心とした給食から、お米や地元で採れる野菜を中心とした給食に切り替えたんですね。

結果、暴力事件で手がつけられなかった生徒たちが更生したんです。

 

この大塚さんが食に目を向けた理由は、部活動の時に食べている子供たちの食べ物。

コンビニで買った、パンやジュース、コンビニ弁当などだったんですね。

理由は親が弁当を作ってくれ無いコトにあった様です

調べていくと、カルシウムや亜鉛をはじめ、たくさんの栄養素が不足しているコトに気づきました。

給食を改善し始めると、親から

「もっと子供の好むモノを出して欲しい」

とか

「給食費を支払うのは親だ‼︎」

といったクレームが殺到したそうですが、大塚さんは

「バランスのとれた食事によって、子供達は健やかに成長をします。その土台が出来て初めて学力が向上する」

と言って、保護者を説得した様です。

 

食べたモノが精神に影響を与える

この当然の仕組みが全く理解でき無い親がたくさんいたと言うことですね。

例えば砂糖

砂糖を強制的にやめて、毎日イライラしている人を見たコトがあります。

 

 


 

その改善は誰のため?



(Visited 15,387 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA