toggle
2017-04-21

困るコメントの対応


 

一番多いコメントは先ほども言いましたが

「科学的根拠がない」

要するにデタラメな内容だという指摘です。

 

僕は基本的に記事を書く際に、何冊か本を読みます。

そのあとnetに流れている情報を見つけ、分からなければ詳しい人間に話を聞きます。

要するに僕の創作で話をしている訳ではないんですね。

本に書かれているコトが全て正しいとは思っていませんが、それなりに研究したり学んでいる人が本を出しています。

少なくとも、コメントをしていただいている人よりも比較的、根拠を調べて本にまとめている人たちだとは思うんですね。

 

先ほども言いましたが、自分の仕事のネガティブな所を突かれて、気分の良い人はいません。

けれどもそれは業界の都合であって、仕事の本質ではないですよね?

もちろんとんでもないデマはダメですが

少なくとも100%否定できる内容では無いはず。

 

わからないものに根拠を示すことなど誰も出来ないんですね。

それは根拠ではなく、見解。

要するに意見です。

 

「遺伝子組換え作物は安全かどうか?」

多分、示すこと出来ないです。

「グルテンは安全か?」

これも示せません。

「抗がん剤は効果があるのか?」

人によるがやってみ無いとわから無い。

 

体調を崩した人が、グルテンの摂取をやめて体調が改善したとしても

「科学的根拠がない」とデマの様に扱われるのがオチです。

 

数十年前まで

「マーガリンは体に良い」

と言う世論がありました。これ、多分間違いだったと今後しっかりと認められると思います。

この説を信じて、毎日食べて、体調を崩した人もいてるかもしれません。

じゃぁ、この説を出した人がそのことで罰せられるか?と言うと罪では無いんです。

見解ですから。

僕たちが得るコトが出来るのも、発信するコトが出来るのも、あくまで情報。

その情報を知りどの様に判断するのか??

それは自分で決めるしかないはずです。




次に多いコメントは

「責任を取れるのか?」

という内容。

 

一言で言うと

僕は保護者ではないです。

取れる訳が無いし、取る気も無い。

がんになって病院へ行き、抗がん剤の治療を勧められたとしましょう。

医師に対して

「責任を取れるのか?」

と聞いてみてください。

取れる人など誰一人いません。

 

自分の体のコトは、自分しか責任は取れません。

自分で調べて自分で対策を取る。文句を言わずに本を買って勉強をすればいいんです。

治療を選ぶのは本人の自由なんですから。

 

先ほどの話に連なりますが、人は死にます。

生き物ですから。

どの様に死んでいくのか?選べるならそれに越したコトはありません。

僕は選べる状態でありたいし、選べる情報も身に付けたい。

その為の知識かと。

次はマナーの悪いコメントについて言及します。

 




 

マナー違反



(Visited 18,314 times, 1 visits today)

固定ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 滝田香菜 より:

    いつもいろいろな情報を発信してくださってありがとうございます。
    インターネット上には情報が溢れていますが少なくともここは、私にとっては有用な情報がたくさんあるので、楽しく読ませていただいています。
    情報は自分で選ぶものだと思っています。
    現在の自分の生き方を否定されるかのような情報もたくさんありますが、選ぶのは自分です。信じたくなければ信じなくていい、ただそれだけだと思います。

  • こけここ より:

    いつも情報ありがとうございます^^*
    藤原さんがあれがダメこれがダメというふうに
    記事を書いているような印象を全く持っておらず
    選ぶのが大事って仰っている印象です!

    品質表示を見て選ぶくせがついたので
    健康のすすめ、本当にありがたいです^^*

    世の中色んな方がいるので
    これからも批判など受けるかもしれませんが
    私は楽しんで読ませていただいてますー♪

    これからもよろしくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA