toggle
2017-04-11

コーヒーの選び方


 

さて、コーヒーにも種類がたくさんありますが・・・

避けるべきコーヒーも中にはあります。

なんでもそうですが、ラベルを見ましょう。

どういうモノか?を理解して、選んで口にするコトが大切かと。

 

例えば(写真が無かったのでAmazon使います)

微糖と書かれているもの。

 

アサヒ飲料 ワンダ金の微糖 185g×30本
アサヒ飲料 (2012-10-23)
売り上げランキング: 203

こういうモノですね↑

 

成分を見ていただくとわかるのですが

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-1-34-18

余計なものがたくさん入っています。

朝から物凄いモノを飲ませますね。

これは飲まないほうが良いと、少なくとも僕は思います。

 

Amazonの良いところは成分表示が見やすくなっているところ。

嘘は書けませんからね。

ちなみに自動販売機は成分が見れないです。

問題ですね。

 

市販されている缶コーヒー

ものすごく砂糖の量が多いので、飲む人は理解して飲んだほうが良いと思います。

 

次に

 

アサヒ ワンダ 極 ブラック ボトル缶 400g×24本
アサヒ飲料 (2016-05-10)
売り上げランキング: 169

ブラックコーヒーなら良いのか?

というとそうでもありあせん。

香りが違う‼︎ 

みたいなことを言っていますが

 

香料ですから、その香り。

ブラックコーヒーでも香料を使っているモノと使っていないモノがあります。

表示をしっかり見ましょう。

 

一番避けてほしいコーヒーは

リン酸塩を使用している飲み放題のコーヒー

 

cached

 

これってどういうことかと言えば

コーヒー粉にリン酸塩を混ぜると

通常の3倍もコーヒーが取れるんです。

 

物凄いコストダウンですね。

 

もちろん香りが吹き飛ぶので

香料でごまかします

 

マンガ喫茶とかカラオケボックスとかファミレスとか

場所によっては減っていると思うのですが・・

飲み放題のコーヒーには使われている可能性が大ですね。

 

そんなコーヒー。

僕たちは何気なく飲んでいますが世界的には色んな問題が起きています。




 

作られ方



(Visited 21,266 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 深谷 弘行 より:

    大変勉強になります

  • 桂田 久美子 より:

    ヨロシクお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA