toggle
2018-06-24

子どもの自立





 

ひろのぶです^ ^

無事に福岡セミナーが終了しました‼

本日よりバングラデシュ行きへの最終準備を開始です。

 

僕たちの集まりの特徴は

子どもが多いんですね

 

こうやって抱っこしながら話すコト

結構多いんです笑

子どもが騒ぐから遠慮して行けないと言う方もいますが

ガンガン来てください笑

昔の寺子屋はそう言うところだったと聞きました

それも踏まえてお話しできると嬉しいですね

なによりも

子どもがいてるから、行くことが出来ないと言う感じが嫌なんです。

子どもがいてる母親が、一番いろんなコトを考えるじゃないですか?

環境はしっかりと準備していくので、良ければ来てください^ ^

 

そう言えば

ファンレターを貰いました笑

 

モテ期ですね。

しっかりと天パの感じも捉えてくれてます

子どもたちの為とか

正直言うとそこまで深く考えていませんが、大人の責任として……

いや。

カッコいい大人でありたいので、良いものを残していきたいと思ってます。

今日は懇親会も含め

子どもの自立

このコトに対する話がたくさんで出来たので少しだけ。




 

自立のために

(Visited 6,846 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント1件

  • まつみよーこ より:

    障害者の自立について
    京都に暮らす ライスチョウ ジョナ君、ノア君兄弟の活躍を見ていただきたいと思います。

    生まれながらの障害を持っている2人ですが、ボランティアに支えられながらも自立をしています。 ジョナ君は精華大学で漫画を学び、ノア君はDJをしたり、この春から就職しました。

    けれどもジョナ君は電動車椅子や補装具についての裁判をしています。
    ノア君は就職にあたり補助が打ち切られるという問題が起こってしまいました。

    この国には、障害を抱えても収入を得るという活動が認められていないのです。
    動きにに制限がある者の就職は大変難しいと思います。それなのに京都市は収入があるなら補助は打ち切ると言います。働く意欲を認めないのです。
    一人分の給料では到底、介助の人の給料を支払えないのです。

    活き活きと活動している兄弟のこと、FBやブログもご覧になって頂きたいと思います。
    『ライス趙ジョナ』で検索お願い致しますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA