toggle
2019-09-30

緊急メッセージ


 

ひろのぶです(^ ^)

 

 

二本松でのお話会を終え(本年度230回目)

 

 

仙台でのコラボトークイベントに参加(一応231回目)

生意気ですが論理的な谷口くん(ナルシスト)

長澤氏はなぜか携帯をいじり(アル中)

豪快な笑い声で全てを持って行くあーちん(ジャイアン)

 

・・・良い勉強になりました

もう少し個性を出して行きたいと思います

 

(ロゴをクリックすると登録画面に飛びます)

よかったらフォローしてください(^ ^)

 

 

会を準備してくれたみなさん‼︎本当にありがとう(^ ^)

もっと大きな流れにして、変化を起こして行きますので

 

明日は(10/1)は大阪でのお話会となります(詳細は下記へ)

https://peraichi.com/landing_pages/view/goodearthschedule

 

ぼくらの地球の治し方――アヤシイ社会活動家の「つながり」と「挑戦」の話
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2019-10-06)
売り上げランキング: 27

 

さて、今日はまじめな話です

最初にお願いしたい。

シェアしてください

 

”気候変動”

と言う言葉を最近耳にしませんか??

 

最近では”気候危機”と呼び名が変わりました

 

この手の話をすると”陰謀論”が飛び交います

”温暖化ビジネスが始まる”とか”あの子は◯◯の手先だ”とか笑

 

そんな時はこう言ってください

 

「嘘であろうが本当であろうが、自然や命を無茶苦茶にしていい理由はない」

そして

「嘘ならそれほど嬉しいことはない。もしも本当だったとしたらどうするのか?」

 

陰謀論を示す証拠はほとんどありませんが、陰謀論を唱えている人間の数百倍研究している人々が

 

”気候変動は起きている”

 

と明確に発表しています

ぐうの音も出ないくらい証拠を突きつけられることになりますから

 

この問題に対して日本は後手に回っていますがつい先日です

 

 

日本学術会議が国民に対して緊急メッセージを発表しました

 

要するに

 

シャレじゃない

ってことを日本の科学者を代表する機関が発表したと言うことです

 

テレビでも報道されるようになってきましたが、まだどこかで

 

 

ノストラダムス的な話と思っていませんか??

 

もしくは

 

世にも奇妙な物語的な、架空のお話と思っていませんか?

 

1999年の怖かった話でもなく、都市伝説でもなく、陰謀論でもなく

 

この国で一番研究をしている人々が発表した事実ということを認識する必要があります

 

「なぜこんな話をテレビでやらない?本当に大事なことならメディアが報道するはずだ」

 

そんなことを言う人もいます

 

生活の根幹を揺るがすような政策を目の前で通されても何も気づかなかったのに

わかりやすく説明をしてくれない相手が悪い

と言った表現に僕には聞こえます

 

どこまで他人のせいにすれば気がすむのでしょうか?

 

うるさいからちゃんと聞け

関係しない人間はだれ一人いない

 

と・・・なんども言葉を飲み込みましたが、ここで書いてしまったのでバレることになります

 

難しい話は抜きににして端的にお伝えしましょう

 

今のまま行くと

 

 

子どもたちが大きくなる頃に絶望的な状況が待っていると言うことです

 

我が子だけの話ではなく、今日まで全国各地で、世界のあちこちで出会った子どもたちの未来がかかってる

 

誰かが何とかしてくれる・・・

そんな感覚で無視して良い問題ではないってことを、ここではっきりと言いたいわけです

 

問題回避のために残された時間はあと

 

 

 

16ヶ月です

 

 

詳しく説明するために、ページを変更します

次のページ

 

(Visited 18,627 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA