toggle
2016-11-21

健康はそこまで大切か?


 

親父のおかげで病院がどういう所なのか?がよくわかりました。

 

緊急時に命を救ってくれる素晴らしい場所でもあり

慢性的な病人を生み出してしまう場所でもあります。

 

そして先ほどのデータの増え方が今後も続けば未来に何が待っているか?

 

 

 

 

破滅です

手塚治虫の世界のようにロボットが全ての介護を行ってくれれば別ですが。

僕たちの子供の世代に全てを押し付ける形になります。介護に関わる労働力も税の負担も。

だから、人の体を蝕んでしまうような商品を消費者に気づかれないように提供している企業に吐き気がするんです。

 

その企業はどんな未来を夢見ているの?

どんな社会を作ろうとしているの?

そしてそれを知ろうとも思わない消費者にはもっと腹が立つ。




医療の発展で、昔なら死んでしまっていた人が死なずにすむようになりました。

素晴らしいことだと思います。

裏を返せばそれだけ社会に負担が増えることも事実。

自分の人生に責任を持つためには

健康が必須です

 

そして健康は1日では作れません。

少しづつ、少しづつ変わっていくんです。

 

ヒステリックに聞こえるかもしれませんが

遅かれ早かれ誰もが経験しますので

 

以前に対談をした難病克服支援センターの戸田さんが

正しい食の選び方をわかりやすく書いてくれていますのでそれを載せておきます。




next2

 

正しい食の選び方

(Visited 7,496 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント3件

  • みかりん より:

    無関心、人任せ、他人事の人が増えましたよね。短絡的な楽しみに勤しんだり、お金を稼ぐ事が目的になると、こんな事になるのかなー。と
    次の世代に恥ずかしくないモノを繋いでいきたいです!!

  • 禅的生活が地球を救う より:

    こんにちは。いつも楽しく、興味深く読ませていただいてます。

    わたしも、全くの健康体だったのが、2年ほど前から軽いアトピー症状に悩まされております。自分がなってはじめて、ようやく病気のことを調べ始めるんですよね、人間ってのは。アレルギーやアトピーの原因である化学物質が食物にこれほど含まれている現実・・・「添加物や農薬なんて健康に一切害を与えていないじゃないか」というコメントもちらほら有りますが、それは自分がまだ症状出てないだけ。人間をはじめ、確実に地球上の生物を蝕んでいます。

    僕自身は、中学生の頃からこの星の環境問題に興味を持ち、大学まで行っていろいろ学びましたが・・・このくだらない世界を変えていくには問題があまりにも多すぎるなと・・・。

    一方で、自分の生活を変えていく事はできるよなと。この世界に巻き込まれること無く、自分で自然なものを選んでいく。経済のシステムにとらわれない生活をしていく。そういう人が一人、また一人増えていけば、最終的に70億人が変われば、世界は変わる。

    理想論ですけどね。でも、本質はそこ。世界は変えることはできない。でも、自分だけは自分の意志で変えることができる。変えようとする人がどれだけいるか。

    現代は誰もが経済という檻に飼われた家畜のようになってるのに、そのことに気づきつつも気付かないふりをしてる人が多すぎます。いや、気付いてないのかな?だとしたら家畜そのものだ。

    管理人さんの記事が、人を変えていけることを祈っております。

    • kenkonosusume より:

      まずは自分が変わるコトが大切ですよね‼︎お互い楽しく頑張りましょう‼︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA