toggle
2019-10-18

違和感


 

ひろのぶです

 

 

ぼくらの地球の治し方――アヤシイ社会活動家の「つながり」と「挑戦」の話
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2019-10-06)
売り上げランキング: 721

 

じわじわとオーダーが増えてきました笑

活字が苦手な人でも読めるように工夫をしたのでよければ手に取ってください‼︎

 

(ロゴをクリックすると登録画面に飛びます)

よかったらフォローしてください(^ ^)

 

現在、鹿児島市内でお話会の会場に向かう新幹線を待っています

今日は午前と午後のダブルヘッダーなので無事終了すれば247回目になりますね

全国で呼んでくれている皆さん。

 

本当にありがとう

 

最近、気候問題の話題に触れることが多くなりました

 

 

EARTHおじさんを一緒に生み出して約1年

まだまだではありますが、少しヨチヨチ歩きくらいにはなってきたかと笑

これからも一生懸命育てて行きたいので可愛がってあげてください(^ ^)

 

問題に意識が向くと、目に入るものが変わり始めます

 

 

こういうものが目につくようになります

 

・・

・・・。

 

違和感感じませんか??

 

何に違和感を感じるかといいますと

 

 

瀬戸際の地球

 

このサブタイトルです

 

瀬戸際なのは地球ではなく

 

 

人類

 

なんですね

 

わかりやすい言葉を使うことは大切です

届かなければ言葉の意味は無いに等しい

 

けども根底にある意識を間違うと全てが狂う

 

ぼくの本も”地球の治し方”とうたっていますが

僕たちが壊した地球なのだから、僕たちが治していくための努力をする

その意味を込めて使っています

 

散らかしたのならば片付ける

至極当然のことです

今の僕たちがやっていることは、散々散らかしながら

「片付けといて」

と子どもたちに言ってるようなもんです

 

部屋の片付けは子どもに指示するけど、もっと大事なものの片づけを僕たちは出来ていないわけです

 

地球に人類は必要ありませんが、人類には地球が必要

 

僕たちがどれだけ努力をしても

 

アルマゲドンのようなことはあるかもしれません

作中の様にブルースウィルスが現れるかどうかもわかりません

それは仕方がない

 

・・・けどもですよ

 

インディアンの様に7代先まで考えることは中々難しいですが

自分の孫の代くらいまではせめて意識をしてみませんか?

地球が自ら修復しやすい環境を、いろんな努力でサポートできるのではないか?

 

そんなことを思うわけです

 

自分の子どもが理不尽な思いをするのは嫌ですよね?

それは僕たちの子どもだって同じはずです

 

子どもの幸せに生きる権利を、根底から壊してしまうことを容認するのは

かっこ悪い大人だとぼくは思います

 

ぼくらの地球の治し方――アヤシイ社会活動家の「つながり」と「挑戦」の話
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2019-10-06)
売り上げランキング: 721

 

ひろのぶ

セミナースケジュールはこちら↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/goodearthschedule

追伸

全国を回りながら活動する費用はストアの売り上げから出ているので、お店を覗いていただけると嬉しいです

買いもので応援はこちら↓

https://kenkonosusume.stores.jp

学校を建てよう‼︎へ参加はこちらから↓

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

全国で開催中のセミナーはこちら↓

https://m.facebook.com/groups/2202364003386159

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.10.20
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 447

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

(Visited 4,129 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA