toggle
2018-09-30

飲食店の見抜き方





 

ひろのぶです^ ^

最近、水筒を肌身離さず持つようにしました。

水筒を持っているカッコいい大人になりたいと思います。

そんな僕のLINE@とInstagramはこちら

よければフォローをしてくださいね

 

どうしても僕は仕事柄、外食が多くなります。

あちこちに行ってますが一人で食べることも少なくはありません。

実際にどこで何を食べているのか??をよく質問されます

僕と同じ様にあちこちへ行く人は、食べる場所も、内容も限られてくる人が多いとおもいます。

 

僕は食事って二つの側面があると思うんです

 

一つは味や空間を楽しんだりすること。

そしてもう一つは人間の体をつくる。

 

この二つの側面を忘れてはダメだと思います。

 

今の外食

体をつくるという側面が置き去りになっているように思えます。

全てのお店がそんな考え方では無く、食に対して真剣に取り組んでいるお店もたくさんあります

 

食に利益だけを求めると・・・どうなるかわかりますよね?

業務用で使われている調味料とか機会があれば見てください。

あんまり、見たく無いモノがたくさん入っていますので。

 

まぁ食べている側にそこまで意識があるかどうか?

それも問題ですが。

 

さて、そんな飲食店、お店の中を見渡すと

食に対する捉え方がわかる部分が2つあります。

是非覚えておいてください。

 




 

飲食店で気をつけるコト



(Visited 23,575 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント1件

  • しゅほい より:

    姿勢の大切さに共感します。人の口に入るものなんだから。

    僕は食事について「3つの側面」を大切に思います。1と2は同じ。そして3つめは『共有するコミュニティー意識』?みたいなものでしょうか。

    食事って、生命活動の一大イベントなのだと聞きました。自分ならざる生命体を溶かし分解吸収して、自分の体の一部にする。まさに命がけの大イベントなのだそうです。だから、その行為を共にすることは、生物として大きな意味があるのだと予測しています。共有か、共感か、連帯か、安心か。「同じ釜の飯を食う」の言葉とも、実は生物学的側面でも定通していたのかしら。

    そう言いつつも、一人で食事を済ませることも多くありますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA