toggle
2018-10-30

遺伝子組み換えを使用しているのは?





 

表示ってその会社のモラルが出るなぁと思うんですよ。

僕は遺伝子組み換えに対して良いイメージを持っていません。

日本国内でも、約半数の人があまり良いイメージを持っていないとのこと。

まぁそれはそうでしょうね。

納豆とかしょうゆには「遺伝子組み換え大豆を使用しておりません」とこれでもかと言うくらい記載しています

まぁそれだけメーカーも消費者を意識しているということでしょう。

 

ではビールはどうかというと・・ラベルを見ましょう。

原材料名に入っているスターチって知っていますか??

これです‼︎

 

 

・・

・・・。

キリンの一部には使用されてませんでしたね。

ごめんなさい。

こちらを

スターチが入っていますね。

これはトウモロコシ由来のでんぷんで、製造期間を短くするために使用されます。

本来スターチには遺伝子組み換えの表示が義務付けられています・・・が、表示の順番と分量上、遺伝子組み換えと記載する必要は無いかもしれませんね。

各メーカーは

『遺伝子組み換え使用していない』

と公表しています。

 

では新ジャンルのビールを見てみましょう。

 

 

スターチが無くなって、代わりに糖類が入っています。

糖類・・・。これは何かというとですね、あるビールメーカーがこう答えていますね。

 

A. とうもろこし等を酵素により液化・糖化させ、精製したものです。

これで、ほぼ確定ですね。




 

表示の隙間



(Visited 65,618 times, 1 visits today)

固定ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • マサキング より:

    大手ビールメーカーの麦芽の原料の麦も
    GMOっぽいので
    最近飲むのを躊躇ってます。
    キリン アサヒはGMO不分別らしいので・・・

    エビスはだいじょぶっぽい?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA