toggle
2018-07-14

一言申し上げたい


 

ハザードマップってご存知でしょうか??

災害が起きたときに、どの地域がどの様になるのか?を想定したモノ

国が出しています

 

例えば僕の地元、大阪市の西成区だと

 

こんな感じです。

地図だけをアップするとわかりにくいのですが

これでどの程度の被害を受けるのか?がわかります

これがハザードマップですね↓

https://disaportal.gsi.go.jp

 

家とか土地を買おうとしている人は

購入予定の場所がどういう地域なのか?

しっかりと調べたほうが良いと思います。

こういうの見ると、やっぱ日本ってすげーなぁと思いますね。

ちなみに我が家はかなりやばい位置にありました。。。

この情報を知っていると”自主非難”が可能になるわけです。

 

自らの身は自らで守る

まずはこれが大前提かと

 

先ほどのヒゲのおじさんがツイートをもう一度見ましょう

これ、僕の見る範囲ではかなり叩かれていました。

 

先に言っときますが

僕は自民党の擁護をする気は全くないですからね

このおじさん、集団的自衛権のときに嫌いになったくらいです

 

さて、ひげのおじさんが言ってるプッシュ型支援

これは現地の申請を待たずに、想定の範囲で支援を開始するという意味だと思ってください。

逆はプル型です

そして支援先の呉市

人口22万人越えの大きな市で、今回大きな被害を受けた市の一つ

 

冷静になって考えましょう。

 

 

呉市民全員が被災した?

わけではないですよね

呉市役所の災害対策本部に確認したところ

今のところ推定で300戸が甚大な被害に遭っているとのことでした

ちなみに呉市は110,872世帯です

当然、普段通りの生活を送っているところもあります

 

こういった災害時に問題を大きくするのは

人災です

例えばですが、交通インフラに対する不安から

食料や水の買い占めに走る人が出てきたりするわけです

分け合えば足りるものが、不安から買い占めに走るんですね

 

もし被害に遭っていないコンビニの棚がガラガラだったら

 

不安を煽りませんか??

不安ってのは人から冷静さを奪います

そういう意味ではこの支援

ある意味、正しいわけですよ

もちろん被災している人たちに何の支援も行わず、コンビニの棚だけを埋めていたら大問題ですが、そのあたりの対策もしっかりしているとのコト(現地に聞きました)

間違っていると思うならコメントください^ ^

ではなぜ、ここまでネガティブな情報が流れてくるのか?

が問題なわけです




 

ネガティブは発信

(Visited 20,087 times, 1 visits today)

固定ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA