toggle
2018-11-29

人はあなたの○○を見ている





 

ひろのぶです(^ ^)

”買いものは投票”なんだを持ってもらっての撮影

戻ってきて3週間経つと、また戻りたくなる国・・・彼らは元気だろうか・・。

僕のLINE@とInstagramはこちら(ロゴをクリックすると登録画面に飛びます)

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.11.25
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 718

 

今日は皆さんに”偉そう”なことを言います。

不快に思ったらごめんなさいね.

 

全国を回っていて一番よく聞く言葉、それは

「想いが相手に伝わらない」

これをよく耳にします。

確かに苦しいことですね。

 

あなたが何かをしたいとしましょう。

 

海を汚さない洗剤を広めたい

動物保護の団体を立ち上げたい

子どもたちの給食を改善したい

石油系商品をこの世から減らしたい

 

目標とすることは人それぞれ、自分自身の人生ですから思いっきり自由に生きるべきです。

さて、そういった生き方を選ぶときに困ること

 

それは仲間探しです

 

よく間違いを犯しますが

”お客探し””仲間探し”は全く別物

モノやサービスを売り買いすることは、目的達成のための手段の一つなんですね

 

昔のことですが、あるネットワークビジネスに勧誘されたことがあります。

皆さんも一度は誘われたことがあるのでは無いでしょうか??

不労所得で自由に暮らせる、ダイヤモンドクラスになるとランボルギーニが買える、持っておくだけで資産が50倍に、これ一つで1日分の酵素が摂取できる・・・などなど。

他にもたくさんあります

先に言っときますが、会社の良し悪しや商品の良し悪しを語る気はありません。

問題を感じるのはその”方法”にあるんですね。

 

どれだけ良い商品でも、どれだけ良い活動でも、目の前に現れた友人がいきなり話し出したら誰だって嫌な気持ちになります。

上手に世間話をしているつもりでも、人間は直感的にその人の”思惑”みたいなものを感じるわけですね。

カフェに呼び出されて、意味のない世間話が始まったら大抵気づきます(笑)

 

これの何が問題かというと、結果的に”強要”してしまっているんですね

どれだけ海を汚さない洗剤であっても、どれだけ正しい行いであっても、その人がそれを望んでいなければ”強要”なんです。

社会の中で強要が通じるのは、体育会系の上下関係か法律くらいなものです。

 

基本的に人は”強要”ではなく”共感”で動きます。

 

残念ながらほとんどの人は言葉をあまり聞いていません。

その言葉を誰が発しているのか?を聞きます

 

先日、読者の方から面白い話を聞きました。

 

義父と仲が悪く、自然に優しい洗剤を使いたいと思っているのに

『そんなもので汚れが落ちるわけがない‼︎』

といつも怒られて悶々としていたそうです。

 

そんなおじいちゃん。孫が大好きなんですね。

そして8歳の孫は”買いものは投票なんだ”に登場するEARTHおじさんが大好き。

一緒に読んでいた時にこのイラストが目についたそうです

孫「じいじ。なんでEARTHおじさんはお腹が痛いの?」

爺「海が汚れてるからみたいだねぇ」

孫「なんで海が汚れているの」

爺「・・・人間が汚してるからみたいだね」

 

洗剤のページを開く爺と孫

 

孫「じいじ。おうちにある洗剤はどんなもの??」

爺「・・・。」

孫「EARTHおじさんはお腹痛くならない?」

爺「・・・。」

 

 

 

 

孫強よし

winner孫

 

速攻で家の洗剤が全て変わりました。

 

8歳の子どもに地球環境に対する知識はありません。

けどね、どれだけお願いしてもどれだけ正論を並べても頑なに首を縦に振らなかったおじいさんが、秒速で洗剤を変えようと言ったらしいです(笑)

正義とか環境とかを求めているのではなく、このおじいさんは孫に嫌われたくないんですね

このおじいさんにとって、孫が求めるものが大切なモノなんです。

これ、孫にわざと言わせても意味がないんですね。

お年寄りはそんなに甘くありません。見破ります笑

8歳の子どもが本気で悲しむと思ったから心が動かされたんです。

冷静に見れば人ってそんなもんでしょ??

きっかけは何でも良いはずです

東京へ行くことが目的ならば、新幹線でも飛行機でも夜行バスでもヒッチハイクでも・・とにかく何でもいいはずですが、人はその方法に執着して失敗するんですね。

僕が同じような失敗してきたので良くわかります。

 

商品やサービスを提供するために”説得”をすることが正しいのか?”共感”を示してくれている人が自ら話を聞いてくれるのか?

 

どちらが良いと思いますか??

 

その共感を示す選択肢の一つにこの本があります。

法生さんの優しい絵と言葉が垣根をなくすわけですね。

モノを売ってはいけません。

あなたが提供しているモノやサービスは世の中に溢れかえっています。

そんな事よりも、あなたが成したい”何か”に共感を示してもらうことの方が重要なわけですね。

急がば回れ

と言うやつです笑

是非とも活用してください‼︎

追伸:シェアしてくれたら震えながら喜びます

 

卸売をストアでも始めました。

買いもので応援はこちら↓

https://kenkonosusume.stores.jp

オンラインで購入できない方はこちらから⇩(ストアの契約の性質上、卸価格に違いがあるのでご注意ください)

goodearthjimukyoku@gmail.com

 

ひろのぶ

買いもので応援はこちら↓

https://kenkonosusume.stores.jp

学校を建てよう‼︎へ参加はこちらから↓

https://hinkonnokokufuku.stores.jp

全国で開催中のセミナーはこちら↓

https://m.facebook.com/groups/2202364003386159

買いものは投票なんだ

買いものは投票なんだ

posted with amazlet at 18.10.20
藤原ひろのぶ
フォレスト出版 (2018-09-22)
売り上げランキング: 447

オンラインストアでの手続き方法がわからないという声が増えてまいりました。

下記にNGO GOODEARTHの銀行口座を記載しています。

サポートいただける方は是非とも。

活動費として使わせていただきます。

三井住友銀行 逆瀬川支店(店番号378)

普通 4294049

特定非営利活動法人 NGO GOODEARTH

トクヒ)エヌジーオーグッドアース

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 6,812 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA