toggle
2018-02-13

辺野古基地の前で





ひろのぶです^ ^

 

そして今日は

かつのぶもいます。

睨みつけるように遠くを眺めていますね。

真似てみました

なぜカッコつけているかというと。

目が悪いんです。

遠くが見えません。

普段はふざけてますので。

 

最近、何かと議題にあがる辺野古へ行ってきました

基地の周辺になるとピリッとしますね。

 

目的は、子どもに自分の目でどういう状況か?ということを理解してほしいと思いまして。

意見は色々とあるはず。

その中で歩み寄りながら前に進めていくことが大切ですね。

中道を大切にする心を養うためには、見識を広げる必要があると思います。

 

 

いろんな人に話が聞けて、本人は大変勉強になったようです。

 

基地の周辺でデモを行っている人は、本州から来た人が結構多いんですね。

若い人はほとんどいなかったし

”デモに地元の人はほとんど参加していない”

と言ってる人もいました。

いろんな話を聞く中で、今回一番勉強になったのは

戦争特需の話。

これはこの地域の人から直接聞いた話です。

「朝鮮戦争やベトナム戦争で、この地域には米兵の休息地が出来て、地元の経済がものすごく潤った。騒音の問題も確かにあるし、基地建設には反対だったけども、じゃぁ基地が無くなったこの地域でどうやって生活をしていけばいいのか?観光地として栄える可能性があると本州の人は言うけども、そんな保証はどこにも無い」

リアルな話だと思います。

キレイごとだけで世の中はまわりません。

基地の建設を請け負っているのは大成建設

大手ゼネコンが元請けで、現地企業に仕事を発注しています。

当然、地元にも経済効果があるわけですね

反対とも賛成とも言えない、苦渋の選択を沖縄の皆さんは繰り返してきたのでしょう。

 

”デリケートな問題にあまり触れるな”

という意見を結構いただきますが、それは逆だと思うんです

デリケートだから触れないとダメなんだと思います。

特にこういう問題って日本全体の話なのに、口を挟むコトすら否定されるコトがありますね。

関心すら無い人もたくさん。

税金を払ってこの国に住んでいる以上、全員が関係しているコトのはず。

こんなコトを言ってる僕自身、かなり勘違いして解釈していたので反省です

 

みなさんのお陰で少しだけ勉強をさせてもらえたので、僕なりにまとめてみたいと思います。

まず日本って国は第二次世界大戦で”負けた国”なんですね。

そして、国連ってのは”戦勝国”で作られた組織。

正式には”国連憲章”では無くて”連合国憲章”と言います。

そして、連合国憲章の中には『敵国条項』というものがあるんですね

内容は簡潔に言うと以下の通り

第二次大戦中に連合国の敵国であった国が、戦争の結果確定した事項に反したり、侵略政策を再現する行動等を起こした場合、国際連合加盟国や地域安全保障機構は、安保理の許可がなくとも当該国に対して軍事制裁を科すことができる

これがあるわけです。

軍備の拡大を繰り返す日本を、中国が”侵略政策を再現する”と認識した場合は攻撃しても良いわけですね

この状況下で”日米同盟”があるわけです

国際法上、ものすごく低い位置に日本があるってことです

言い換えると、アメリカがいつ日本を攻撃しても良い

かなり首根っこを抑えられた状態にあるわけなんですが、当の日本人はそんな感覚があまり無いですよね?

 

すごく問題だなぁと思うのは

日本って中国や韓国などの近隣諸国と仲が悪いじゃないですか?

これ、致命傷です。

ドイツが国際社会で実質敵国条項から抜け出せたのは、近隣諸国と信頼関係を回復したから。

ひたすら、第二次世界大戦での行いをお詫びし続けたそうです

そう考えると

日本って・・・逆のコトしていませんか?

無かったコトにしようとしてます。

一番仲良くしないといけないのは、韓国や中国なんですよ。

 

核兵器のある時代の戦争は、人類が滅ぶシナリオにつながります。

そんな未来を誰が望んでますか?

誰も望んでないですよね?

こういう話を冷静に進めていくために、憲法や条約のコトをしっかりと学ぶ必要があると思いました。

そして近隣諸国との信頼を取り戻し、主権国家として対等な話し合いをアメリカとできる関係構築が必要だとおもいます。

一緒に勉強していきましょう。

この続きは、セミナーでお話しします。

藤原ひろのぶ

 

追伸

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 2,922 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA