toggle
2018-09-17

卵について





 

ひろのぶです^ ^

皆のおかげで環境エコロジー部門でベストセラーになってます^ ^

販売されたら是非ともレビューをお願いします!

そんな僕のLINE@とInstagramはこちら

よければフォローをしてくださいね‼︎

 

さて、またまた昔の記事ですが大切なことなので^ ^

日本人は年間平均

300個/1人

卵を食べるといいます。

 

かなり食べてますね。

 

まぁその多くは加工品なんですけどね。




そんな、私たちの生活からは切り離せない卵。

近所のスーパーでもたくさん売られています。

 

ここに色の違う2種類の卵があります。

eggs-352460_960_720

どちらに栄養がたくさん入っていると思いますか?

 

同じメーカーの卵でも

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-18-35-52

普通の卵がこの価格に対して

s__48562238

赤玉卵が若干高くなっています。

 

黄身の色も

521

普通の黄色に比べて

529

赤玉の方が色が濃いです。

 

写真撮るのって難しいですねぇ

 

赤玉の卵の方が栄養価が高い・・・

って思っていませんか?

 

 

 

 

それは

間違いです。

色の違いの秘密を見てみましょう

 


next2

 

知らないと恥ずかしい赤と黄の違い



(Visited 83,231 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント5件

  • くーにゃん より:

    「ほとんど身動きできない陽も当たらない場所で、病気予防のため薬品漬けになり産まされ続けたニワトリ」の卵と、平地で飼われた(平飼い)ものとの違いも、またレポートしてもらえたらと思います!

  • ぴー より:

    日付等表示マニュアルがかなり前に変わって、今は産卵日ベースですよ。

    • kenkonosusume より:

      僕の友人の養鶏業者は加工ベースだと言ってましたね・・・
      どちらが正しいのでしょうか??

  • そうる より:

    以前、
    「たまごの色」について読んだことがありますが、そこでは「鶏舎の環境」とあった気がします。
    日本人は、卵が白よりも赤色に「高級感」を感じ 好むようなので、「暗い鶏舎」で鶏を飼育すると「保護色」の「赤色の卵」ができやすいとか…。

  • 西口 津太絵 より:

    いつも大切なお話を教えて頂きまして、ありがとうございます。
    黄色い方が栄養があると思い買っていました。
    また1つ覚えました。
    ありがとうございます。
    追伸。
    昨日のお話会でお会いして、凝縮された大切なお話を聞かれて良かったと思います。
    お話は全て頭の中に入りきれてません、すみません。
    後で思い出しながら書いたのや写真を見ると良いと思いました。
    「買い物は投票なんだ」の本を読んで、小さな子供さんから大人まで絵を見て、読んで理解しやすいです。
    本は次に繋がります、繋がりの輪も大きくなっているのが分かりました。
    一人一人が無理なく少しずつ変えていく。
    本当にありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA