toggle
2018-06-06

◯◯でなければダメ





 

お母さんと切っても切り離せないのが

 

子育てのコト

 

本屋に行ってみてください。子育て本が山ほど出回ってます。

要するに多種多様な子育て方法があるわけですね。

 

僕が全国を回っていると

子どもと過ごす時間をもっと増やそうとか

家庭での仕事を放棄するとダメな母親とか

そういう類の話をたくさん聞きます

いろんな活動で走り回っているお母さんを皮肉る言葉も耳にしますね

 

僕の行ってる開発途上国。

たくさんのお母さんが働いています。

小さな子どもの面倒を見るのは

お兄ちゃん、お姉ちゃんの役割

少し大きく(14歳くらい)なった子どもが食事を作る

12歳から働いて、家庭を支える子どももいます

他にも言いたいコトは山ほどありますが

これらの国の母は”母親失格”なのでしょうか??

 

僕はそう思いません。

なぜなら子どもが立派に育っているから。

14歳にして働きながら、妹や弟の面倒を見て、食事の準備までできる。

逆にすごいコトじゃないかと

完全に自立しています

両親がいつ死んでも、あの子たちはなんとか生きていくかと。

僕はね(あくまでも僕の考えです)

親の役割って、子どもが自立できるようにすることではないかと?

そう思うんですね。

 

 

なのに世の中では

”こういう親が良い親”みたいな根拠の無い基準を作ってしまう人がたくさんいます

中には子どもの自立を阻害しているコトもたくさん。

 

そもそも家庭の形はそれぞれなんですから、比較するモノではない

(育児を放棄して好き放題やるコトとは全く別の話ですからね)

子どもを一人の人間と捉えれば、対等に扱うべきこともたくさんあるかと。

親だから遠慮をしないとダメな理由なんて一つもないわけです

 

これの原因を僕なりに考えてみたんですが

自分と違うコトに対する僻み(ひがみ)や恐れ

では無いかと。

 

 

人との比較

(Visited 10,168 times, 1 visits today)

固定ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • oohori yumi より:

    今の私は4歳の娘との時間がいちばん大事です。お金が少なくても時間がとれる仕事を選びます。
    何がいちばんかはその時、その立場、その環境によって変わるから周りに流されず自分で選んでいけば良いと思ってます。
    親が愛をもって選択したことなら子どもにも愛は伝わるはず。
    娘には色々な選択肢を知ってそこから自分で選べる大人になって欲しい。というかあとは元気ならそれでいいです(笑)
    父親がいないぶん早く自立して欲しいと思うけど、焦らずゆっくり見守ります♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA