toggle
2018-07-13

大企業がんばれ


 

今回のバングラへの旅に妹が同行してくれました

昔は柴咲コウに似てると言われていましたが

今は猫ひろしのほうが似てます。

 

左に写っているのは岩瀬くん(通称ツヨポン)

神様に眼を奪われて生まれてきた

と勝手に思ってます

 

試練は乗り越えられる人にしか与えられませんから

 

・・・。

さて

 

 

そんな妹を使うのもなんですが

これ、皆が知っている超有名ブランドのジーンズです。

とある工場で色をつけるために山積みになってました。

真っ暗な中で撮ったので妹の顔が呪怨のようになっていますが彼女は元気です

 

ここで働いている人たちの給与は

一月で5000円ほど

労働環境も劣悪

もちろんこのブランドだけではないですが、二度とこの会社の製品を身に付けないと思いました

1着・・・6000円ぐらいになるんでしょうね。

 

僕はね、大企業に頑張って欲しいと思っているんです

僕なんかの数千倍力がありますし、資金力もあります

 

例えばユニクロ

一年間で2000億円近く利益を出しています

 

この子たちの食事

一食100円です。

 

惰性を生むとか、理屈を並べる前に

優しさを示してくれ

と思うわけです

 

なぜこの子たちが、10円の卵をもらうために

残飯のような食事をもらうために

異国の知らないおっさんにお礼を言わなきゃいけないのか?

食事を提供しといてなんですが、こちらが謝りたい気分になります。

 

出来るでしょ?

別にユニクロに限らずです。

 

環境に負荷をかけず、生産をしてくれている人々が、普通に学べて普通に食事が出来るなら

 

応援しますよ。大企業を。

 

じゃぁ、それがなぜ実現しないか?

 

消費者が求めないからです

求めれば企業って変わるんですよ。

買ってもらわなければ企業は倒産しますから

 

消費者の欲求に対して最大限の答えを出す

 

買い手のモラルが高まれば、作り手はそこに合わせるんですよ

だから買い物は投票なんですね

自分たちの意思が社会に反映しているわけです

こういう現実を放置すると、自分たちの生活に跳ね返ってきます




 

跳ね返り

(Visited 9,152 times, 1 visits today)

固定ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA