toggle
2018-01-24

よく怒られたコト


 

ひろのぶです^ ^

 

今日もギフトフードやってます。

明日も明後日も、その先もずっと必要とする人がいる限り続けます。

なんというかキレイに見えますよね・・・この子たちが食べてると。

 

同じように手で食べてるのに

おっさんが食べるとここまで汚くなります笑

もう少し野菜を増やしてあげないとダメですね。

色々と課題があります。

食事サポートに参加していただける人はこちらへ

ギフトフードはこちら

 

さて、たまーに登場します。

父、哲丘(てっきゅう)です。

誕生日のときの写真ですね。

完全に浮かれてスベってますが、リハビリ頑張ってます。

 

そんな父ですが、2年前に脳内出血を起こしまして。

一命を取り留めましたが少し後遺症が残っております。

 

まぁ厳しい父でした(在命中)

 

家に全然いなくて、僕の入学式、卒業式、運動会、どれにも一度も来たことがないはずです。

そんな父にですね、小学4年生の時に突然”キャッチボールをするぞ‼︎”と言われまして。

今でも覚えています。

突然横の広場に連れて行かれまして、キャッチボールが始まりました。

ちなみに当時の僕は野球経験ゼロ。

自慢じゃありませんが運動神経は無い方です。

走ったり、飛んだり、ぶつかったりするのは得意ですが、僕の身体は一度に二ヶ所の部位を連動させようとするとエンストする仕組みになってます。

そんな僕の運動能力を父親なら理解してるはず。

 

距離を取った父てっきゅうが

”かまえろ”

と一言。

 

1球目から本気の球が飛んできました。

当然、ビビって避けるわけですよ。

素人なんですから。

 

そしたら

”アホ‼︎避けるな‼︎”

と怒られるんです。

 

無茶苦茶ですよ。

あなたは一徹になれるかもしれませんが、僕は飛雄馬にはなれません。

 

そこから指導が始まるわけです。

”いいか?ボールは真正面で受け止めるんや”

と言ってる父の構えは空手の構え(空手やってたようです)

左手のグローブは身体の前に、右手は明らかに正拳突きの準備。

その構えは人を殴り倒す型であって、ボールを取る構えでは無いと四年生の僕でもわかりました。

当然、取れるわけがありません。

空手も野球も素人なんですから。

構えを教えるよりも、もう少しゆっくり投げてくれたら全て解決するのですが、トランス状態の父にそんなコトはとても言えません。

 

父の指導通りにしても取れずにいるとですね、多分イラついてきたのでしょう。

何を思ったのか

”座れ”って言うんです。

”動けるから避けてしまう”みたいな根性論ですね。

 

みなさん想像してみてください。

 

10歳の子どもにキャッチャーの役割をさせてる親子のキャッチボール見たことありますか?

 

通りかかった人は僕の姿みて

”あぁ、きっとあの子は少年野球でキャッチャーやってるんやわ”

ってなりますよ。

「休みの日やのに頑張ってるわね、あの子」

じゃないですから。

野球したこと無いですから。

 

座ったままミットを構え、父の言いつけ通り逃げずにボールを受け止めようとしたら

ボールが顔面を強打

当然ですが泣きます。

軟球とはいえ、ええ歳のおっさんが投げたボールが10歳の顔面に当たったんですから。

そしたら

 

 

”泣くな‼︎”

と一喝。

 

ベンチに下げられたピッチャーと同じくらいの勢いで、グローブを地面に叩きつけて家に帰って行きました。

しかも鍵閉めるんですよ。

マジで鬼です。

なんで家の外で泣いてるのか、自分でもわから無い時間でした。

 

・・・違うこと言おうとしてたのに、思い出したら書いてしまいました笑

そんな父親ですが(ここから本題です)

タラレバ話が大嫌いなんです

”お金があったら出来るのに”見たいな話ですね。

そんなこと言おうものなら容赦なく怒られました。

「そういうコトを口にするな‼︎何もできない人間になるぞ‼︎」

と言った感じですね。

 

今起きているコトが現実、その現実をどう活かすのか?は自分次第。

お金があったら

時間があったら

いい人に出会えたら

家柄が良かったら

こう言うコトを口に出してしまうと本当に何も出来なくなるんですね。

 

僕は言霊ってのを信じてます。

意識を向けるとそれが言葉になって、それを続けると習慣になるから性格が変わって

最後は人生を変えます

 

完璧な条件なんてないわけですよ。どんなときでも。

2年前に親父が倒れたコトによって我が家は結構追い込まれました。

僕自身の事業もボロボロでしたから。

けどね、親父が倒れたから僕はこのページを作るコトを踏み切れたんです

親父が倒れたから、今こうしてバングラディシュやネパールの子どもに食事を提供できてるわけです

親父が倒れたから、こうやって皆さんと会える機会ができたわけです

 

親父・・・ありがとうな(生きてます)

 

なぜこんな話をしたかと言いますと、僕はこう言う国々で活動する資金をあらゆる手段を使って集めています。

そしたらね”今はお金がないからできないけども”ってコトを言ってくれる人が沢山います。

すごく嬉しいんですよ。応援しようという気持ちには本当に感謝しかない。

けどね、絶対にその言葉を口にしちゃダメなんです。

言わなくて良いんです、そういうコトは。

なぜなら、口にした瞬間に自分が命が後退してしまうから。

これね、本当なんですよ。

言葉って大切なんです。

 

大丈夫ですよ、絶対にだれも責めないですから。

だから自分を卑下する言葉は使っちゃダメです。

どんな場面でも、何かの言い訳が口から出てしまいそうになったら

グッと飲み込んで、ニコリと笑っておきましょう。

気持ちがあるならばそれで十分ですので^ ^

楽しくやりましょう。

 

今日からネパールに入ります‼︎

藤原ひろのぶ

 

追伸

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 2,286 times, 1 visits today)

関連記事

コメント2件

  • ムラサキ より:

    てっきゅうさん面白い人ですね!ひろのぶさんの(生きてます)アピール笑いました(^^)
    最近の記事は読んでいてとても心に響きます。ひろのぶさんの意志の強さを感じます。タラレバや言い訳については私も当てはまるところがあり、反省ですm(_ _)m

    ギフトフードは今日も明日も明後日も続き、2、3年後には今よりもずっと大きな輪になってると思います。言葉の力、ポジティブな方向に使っていきたいです。

  • さかもとまさひろ より:

    ありがとうございます。
    やれることをやります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です