toggle
2016-11-13

若者の肥満


 

肥満は生活習慣病の入り口

 

この認識は多くの方が持っているのではないでしょうか?

 

肥満というと中高年をイメージしがちですが

子供の肥満が増えています。

こんな記事を見つけました。

2006度年から2008年度にかけて、千葉県、富山県、鹿児島県の3県において、1500人の高校生の男女を対象に身長や体重、血圧、血液、生活習慣などを調べるという大規模な調査が行われ、その内の1257人から中性脂肪や空腹時血糖、空腹時インスリン、尿酸、善玉コレステロールなどのいわゆる生活習慣病に関するデータが得られたそうです。

その結果、高校生の約4割が生活習慣病の予備軍になっていたそうです。

引用元:http://moon.take-web.net/2009/04/4.html

 

・・・。

すごく怖いことです

 

けどもほとんど危機感持っていませんね。

肥満と病気の関係性が深いコト知っているのに

ついつい子供の要求に親が負けてしいます。

 

子供が喜ぶ顔は嬉しいですからね。

 

この背景には、様々な原因が考えられますが

昔と今の生活習慣が変わっていることが関係しています。

 

豊かになったと言いたいところですが・・

そうとも言えません。

 

共働きの家庭が多くなったことも原因のひとつでしょう。

 

仕事で帰宅が遅くなる外食や、出来あいのものに頼りがちになりませんか?

その母親のリズムに合わせてしまい

子供の寝る時間が遅くなったり

子供の生活習慣が乱れることもあります。




next2

 

お菓子の量が増えている?

(Visited 1,850 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です