toggle
2016-10-30

赤すぎる梅干しは危険?


漬物が大好きなお気楽オヤジのヒロノブです。

 

いきなりですが・・・これわかりますか?

 

梅干しを昔ながらの製法でつくると

20161030_4394

こういうものが出来ます。

 

お茶じゃありませんよ。

 

 

 

梅酢です。

この梅酢が出来るのか?出来ないのか?

そこに梅干し梅干しまがいの違いがあります。

当然、色の問題にもつながるわけです。

 

良い塩を使いましたので、中々完璧な味が出てますね。

 

梅のクエン酸と塩のミネラルが完璧に生かし合っている・・・と勝手に思っています。

 

さて。市販のハチミツ入りみたいなモノとは違い凄く酸っぱいのですが・・・。

どのくらい酸っぱいかといいますと・・・。

 

 

良いところにヨシノブ(四男)が来ました。

20161030_9528

ジュースと勘違いしていますね。

 

せっかくなので飲ませてあげましょう。。。




次ページ 初めての梅酢

(Visited 8,121 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 大城 より:

    本来は、しそで色をつけますね。
    選ばないといい色になりません。
    塩分は、多分15%程度まで減らせると思いますが、お酒を入れるとかが必要になります。
    手間の掛かる漬け方は、出来ないんでしょうね。
    梅酢、少し砂糖を入れるとおいしくなります。

  • 橋本孝子 より:

    始めまして。
    うちは農家で父親が梅干しを作って直売所に出しています。赤紫蘇で色づけしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です