toggle
2017-04-13

血液が「ドロドロ」「さらさら」


 

血液がドロドロになる

嫌な響きですね。

体が汚れている様な気になります。

この血液がさらさらドロドロという表現は、1999年に放映されたNHKの「ためしてがってん」が始まりのようですね。

その後、関連する書籍や食品などが世の中へ姿を出すようになったようです。

詐欺まがいの商品が市場に溢れかえってしまったことも大きな問題となりました。

「血液がサラサラになるサプリ」

ここまで露骨な表現はしませんが、それに近いモノが売られたのでしょう。

 

血液がドロドロとは、大きく分けて3つの意味で捉えることができます。

・赤血球がかたい

・赤血球が濃い

・血漿のあぶらが多い

 

特に”赤血球がかたい”が一般的に有名な話のようですね

赤血球は体内のあらゆる場所に、酸素を届ける役割を持っています。

なので柔らかさが必要なんですね。

この柔らかさが失われると、いわゆる

血液がドロドロ

の状態になるわけです。

ドロドロの状態だと、どんな問題が出るのでしょうか?




 

正常に保つには?



(Visited 21,066 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です