toggle
2017-08-13

添加物を異常に求める人々





 

今回、家族と一緒に出かけて改めて思ったのですが

親には健康で長く生きる責任があり、子供たちを健康に育てる義務があります。

このページでは再三、現代の食品の危険性を指摘しましたが

あくまでも危険性があるのかどうか?と言うのは可能性の段階で抑えるようにしています。

ほとんどのコトが見解のレベルなんですね。良いものも悪いものも。

まぁ書いていると、ヒステリック気味に思われます。

 

僕はできる限り、子供達と一緒に心身ともに健康で長く生きたいと思っています、その視点に立った時に危険性が指摘されている様な食品を無理やり摂取する理由がないんですね。

出来れば避けたいし、避けるための努力をするのが・・・なんというか普通かと。

この前、モスバーガーやマクドナルドに電話をして、ハンバーガーに含まれている食品添加物を聞きその内容を記事にしました。

何も悪いことじゃ無いので「こうやって作っています」と細かく正直に教えてくれます。

けどね、それを書くだけでクレームがたくさん来たんですよ。

 

全く怒るコトでは無いと思うんですけど・・・。

身体によくない可能性が懸念されているものが使われているので、食べるなら理解して食べたほうが良い。

僕は大事なコトと思いますけどね。とくに子供達の口に入るならば。

 

人体の多くのコトはあまり解明されていません。

その前提で、危険性が数%でも疑問視されているモノをなぜ、わざわざ積極的に選んでいこうとするのか?

この辺りが疑問なわけです。

自然界に存在しなかった様なモノを身体に入れ続け、何も問題が起きない・・・という根拠の方が僕には理解できないのですが、そのあたりは個人的に考え方が違うんですね。

できれば取りたくないでしょ?

じゃぁそういう環境を作るための努力をすれば良いのに、なぜか怒り出す人がたくさんいるわけです。

家のなかの調味料も無茶苦茶で、手料理がファストフードと変わら無いレベルのモノもたくさんあるんですね。

知らないのか?もしくは努力する気が無いんだろうなぁと思います。

 

僕ね、書き続けてきてわかってきたのですが、少し見て欲しいモノがあります。

下記はこのページの読者の層ですね

 

 

女性が多いんです。

けどね議論をふっかけてくる様なヘビーコメントの90%は男。暴言に近いモノもほとんど男。(もちろん女性もいますよ)

これね、あくまでも仮説ですが僕はこう思うんです。




 

単身者



(Visited 22,197 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント3件

  • まつみよーこ より:

    うちの娘にいうと、その、 未婚者に多い言葉を返してくれます。物事見てないというか、添加物について考えたことがないのかもしれません。自然食品や、無農薬、有機肥料という言葉も身近に感じられないのか、意味がわかってないのか…。
    私は幸い、若い頃にそういうものに触れ興味をもったし、そこまでしなくてもとおもったこともあります。でも、それがあったからこそ、受け入れられたり、理解できるようになったのだとおもっています。言い続けることが大事かなと、事あるごとに言うようにしています。ちょっと嫌味ですけどね。

  • 稲葉泰三 より:

    残念な方も居ますね。互いに違いだけで噛みついてくる人。
    「ブロック」は良い判断です。

  • 南里吉彦 より:

    藤原さま「健康のすすめ」ありがとうございます
    少なからず大いなる志を感じます
    そして整いつつあるますよね
    ・清潔にしすぎること
    ・企業の我田引水の犠牲になること
    ・添加物に対して敏感になること
    ・病気にならないこと
    ・心身が高度な活躍をする健やかさ
    ・損得より善悪へ、そして美醜への価値基準の移行
    など
    本ブログが、万人ウケなし、されど総スカンなし
    の状態を受け入れることで
    安全・健全についての言及からステップアップに入ったように思います
    幸福感の追求=自己実現:悔いのない毎日・人生を送り続ける営み
    120歳生きた人がいない現在
    あらゆる人に、寿命が存在し
    ラベルも見ずに、暴飲暴食して
    高度な活動が続けられるわけなく、人生をただ
    生きながらえるだけの長生きは、それこそ命が勿体無い
    と思います
    ですから
    長生きは、人生を深く生きることと
    充実の毎日を過ごすことと、受け止めてもいいと思います
    「朝に道を聞かば 夕に死すとも可なり」
    藤原さまのご活躍、さらにご多幸を大いに期待しております
    なんり、深感恩

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です