toggle
2017-01-10

低体温って怖い‼︎



体温と体の状態をまとめてみると

 

37℃-36.5℃  免疫力や代謝が最も活発に働くベストな体温

36℃  体が熱を生産しようと頑張っている状態

35.5℃ 代謝機能が低下したり、排せつ機能の低下が起きやすい。

(自律神経症失調症やアレルギーの原因を作り体の機能が狂い始める)

35℃  ガン細胞が最も活発に増殖し始める

34℃  臓器などが機能しずらく、生存ラインギリギリの状態

33℃  凍死の一歩手前

 

 

 

体温って重要でしょ?

たった3℃変わるだけで

人間は生死の境に陥るのです。

 

ちなみに

低体温の状態だと以下のような症状が現れると言われています。

tetaion_syojo1

 

・・・当てはまるぞ?

という方は、一度体温を測ってみましょう。

 

日常的に起きてしまう症状ですが

これらは身体が発している

警告サイン

だということを理解しましょう




体の症状には何事も理由が存在するのです。

日本人の死亡原因の1位は

この病気・・低体温が大好きです。

 

35℃でがん細胞が活発に活動することが証明されました。

余談ですが、心臓にがんが発生しない理由は

常に40℃近く熱を帯びているため

臓器の中でがん細胞が生存しにくい環境にある為です。

 

がん細胞は熱が嫌いなのです。

 

最近では子供の低体温が問題となっていて

アレルギーアトピー

その他

生活習慣病患者が子供にも増えてきている事が大きな問題となっています。

免疫が落ちればこれらの病気にかかりやすくなるコトは当然です

では体温を上げるためにはどうすれば良いでしょうか?




next2

 

どうやって体温を上げる?



(Visited 11,582 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 蛯澤康之 より:

    とても参考になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です