toggle
2016-06-20

白砂糖は安全なのか?


sugar

「白砂糖は安全なのか?」

そんな疑問を投げかける事が難しくなるぐらい私たちの生活は(消費スタイルは)砂糖に染まっています。

普段何気なく口にしているモノに砂糖がどの程度含まれているかを皆さんはご存知でしょうか?

まず歴史をさかのぼり、日本人が年間でどの程度砂糖を消費してきたのかを見てみましょう。

(日本国民1人当たりの年間砂糖消費量)

1900年 約 5kg

1940年 約12kg

1960年 約16kg

1973年 約29kg(最大消費年)

2011年 約18kg(近年は横ばい)

1973年というとコカコーラを始めとする飲料水の全盛期と言われています。

「戦前とあまり変わらないじゃないか」

という声が聞こえてきそうですが少し考えてください。

戦前と現代では生活のスタイルが大きく違います。

移動はほとんど徒歩、火をおこすにもマキを割り、洗濯でも手足をフルに動かしていた時代と現代を同じように思ってはいけません。

現代の仕事の多くはデスクワークと変わり、体を動かす仕事は極端に少なくなりました。

消費カロリーの見直しも必要なのではないかと疑ってしまうほど・・・。

そんな状況にも関わらず、砂糖の消費量は増えているのです。

次ページ 身の回りの食に含まれる砂糖の量

(Visited 2,205 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です