toggle
2016-06-20

子供と白砂糖


sugar2

子供の肥満が問題視されていますが原因は何か?

私は「砂糖」(白糖を指しています)と言い切っても間違いではないかと思っています。

麻薬やタバコと同じくらい依存性があるのですが、私たちの生活に入り込み方が本当に巧妙です。

どのように巧妙かというと

1.子供の頃から砂糖漬け

2.健康被害があまりにも緩やか

3.日常生活に溶け込みすぎている

4.テレビでは砂糖の害悪は指摘され無い

お酒とタバコは20歳からですが、砂糖のたっぷり入った誕生日ケーキは1歳から口にしています。

また生活習慣病と呼ばれる病気の原因に「砂糖」が関係無いと言い切れる人は少ないのでは無いでしょうか?

特に3番と4番。

危険性が認知されて無いことと、害悪が公で指摘され無い怖さがあります。

砂糖の「過剰摂取」から「運動不足」へと視線を誘導するマスコミの手法は見事と言うほかありません。

成人男性の摂取適正量(WHO発表)を超えていても御構い無しです。

そんな中、当然ですが肥満で悩む子供が近年増えてきています。

実際にこのような話を聞いました。

次ページ 子供の生活と砂糖

(Visited 3,726 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です