toggle
2017-06-22

みんな違う





 

「最近文章が上手くなってきたな‼︎」

と友達に褒められて

ニヤつきが止まらなかった管理人のヒロノブです。

 

 

 

 

こんな顔してたと思います。(注:僕じゃありません)

 

友人はきっと、僕をイメージして読んでくれているので理解がしやすいのですが、まだまだ言葉足らずが目立つなぁと感じる毎日です。けど、どんな理由にせよ褒められると人間は嬉しいモノです^ ^

 

ずいぶん前ですが、子供と一緒に千と千尋の神隠しを見ました。

映画の感想を聞いたり、場面ごとの意味を聞いたりしますが

僕は子供に、答え断定するコトを避ける様にしています。

答えは人の数だけあって、それを自分で考えて欲しいってのが、ぼくの唯一の教育方針です。

強引な答えは反感を買い、結局は正解にならない。

自分で導き出した答えを共感してもらえる能力が、これからの時代は必要と思ってます。

 

このページでも同じ様に、答えを急ぐ人がいます。

「信用しているからどうしたら良いの?」といった具合に。

回答だけを欲しがる人がいてるんです。

けどね、答えをもらう以上に大切なコトがあるはず。

今日はそのコトについて・・・




 

考えるということ



(Visited 6,815 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です