toggle
2017-01-10

正しい選択


 

以前に難病克服支援センターの理事長の

戸田正樹さん

に話をお伺いする機会がありました

 

記事はこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-15-03-52

こちらが後半↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-15-04-00

 

娘さんが筋ジストロフィーという難病を患い

医者から

 

絶対に治らない

と言われたのに

 

死に物狂いで勉強をして

治したんですね

 

治したのは娘さんの身体なのですが

努力して病気と真剣に向き合えば

人の身体は健康な方向へ向かっていくんだと

お話を聞いてすごく勉強になりました。

 

今の医学ではわからないことがたくさんあって

医者の言うことを鵜呑みにすることは

本当に危険なんだとも感じました。

 

そんな戸田さんが

身体を健康に保つための

選択の仕方

をわかりやすく教えてくれています。

 

是非皆さんも参考にしてください




next2

 

選択の仕方



(Visited 7,919 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント3件

  • ぴゅうた より:

    この状況ってもう少なくとも半世紀は続いているわけですけど、日本人の寿命及び健康寿命は延びる一方で、全く影響が感じられないのはどうしてなんでしょう?
    コンビニなんて出来て何年でしょう?
    弁当は何兆食ぐらい出たのでしょうか?
    どうして未だに平均寿命は世界のトップなんでしょうね?
    使ってる抗生物質の量は世界でトップ3。
    添加物なども上から数えた方が早いはずです。

    そんなに健康に悪いものが世界でもトップレベルの量出てて、しかももう半世紀、統計に影響がないのはどう考えても何かがおかしいです。
    考えられる理由は、統計に関わっている人間が全員で世界中の人を騙そうとしているか、言うほど影響のないものか、その二つです。

    その辺どうお考えですか?

    • kenkonosusume より:

      人間の体も人それぞれですからね、アレルギーなんか典型的で、反応が出ない人には全く関係ないのに、反応が出る人には死活問題ですよね?
      多分なんですが、どちらのどんな言い分も正しい側面があるはずなんです。結論から言うと正しいと思ってることを実践すれば良いと思いますし意見すればいいと思います。
      あくまでも判断するのは”個人”ですから

      • ぴゅうた より:

        ご返信、ありがとうございます。

        なるほど、「反応が出る人には死活問題である」ですか。
        それは確かにそうですね。
        統計に影響がなくても、健康被害が全くないとは言えませんからね。

        そしてあくまで書いているのは、個人的意見であり、どう判断するかは個人の問題であるということですね。
        了解しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です