toggle
2018-06-13

三角折り





 

最近ってどこに行っても除菌するじゃ無いですか?

アルコール消毒ですかね。

除菌、除菌、除菌・・・・。

人間って菌の塊なんですけどね。そこに先ほどのトイレの話なわけです。

三角折りは本来「清掃しましたよ」というサインなのですが少し趣旨が違う内容に・・・。

トイレ終わりに三角折りにすると、大腸菌がトイレットペーパーに付着するという話でした。

確かに付くかもしれませんよ・・けどね、本音を言うと

そこまで気にする必要があるの??

と思うわけです。

清潔(無菌)な状況を作れば作るほど、人間の体って弱ってる気がします。

この元記事は病院の話で

身体が極限まで弱っている人の為の記事だったそうですね

 

それはさて置き

病原菌に負けない丈夫な身体を作りましょう‼︎

という情報があっても良い気がするんですよね。

三角折りを悪いという前に、三角折りにされたぐらいで病気になる人が増えているコトに問題意識を持つべき。

そのあたりが完全に抜け落ちている気がするんです。

 

「傷がついたリンゴの方が美味しい」

こういう話を聞いたコトはありませんか?

この原理って何かというと、傷が付くコトでリンゴ自体が色んな成分を出すんですね。

昔と比べて、今のほうれん草の栄養価が落ちてるって聞いたコトはありませんか?

要因の一つにストレスが無さすぎるコトも指摘されていますね。

要するに、一定のストレスや雑菌は健康に生きて行く為に必要というコトなんです。

 

除菌しまくって

病人減ってますかね??

微妙な感じがします

ものすごく身の回りを清潔に保っている人が、インフルエンザにいつも罹っていたり。

今の世の中、病気になるコトが当たり前になってますが、これって普通のコトじゃ無いんですよね。




 

関係ないわけがない



(Visited 53,209 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • 兼古 照夫 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    ほんとに残念な現実ですね。菌は敵ではなく共生していく大事な味方の方が多いんですけどね~
    だいたい、自分の腸内にいた菌を汚いって…「今でもあなたのお腹の中で働いてくれていますけど」って言いたくなりますねね。
    ほんとに危険な菌で自身の免疫でも対処できないものは、腸内細菌が退治してくれているのに!しかも強い菌に対抗しているのは、どうやら今まで悪玉菌と呼ばれているものが活躍している、というお話しを聞いた事があります。腸内に取り込んでいる菌にはみんな役割があるそうです。悪玉菌は多いと体調を崩す原因ですがいざという時に頼りになるので、少しは必要だそうです。悪玉って言って悪かったな~って思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA