toggle
2018-04-06

ペットボトルのお茶に何が入っている?


 

S__44187653_1

 

若麦、よもぎ、ビタミンC

 

S__44187654_1

 

これにも入っています。宮沢りえのファンでした。

 

S__44187655_1

当然、このお茶にも入っています。

ちなみに缶コーヒーにも入っていますね。




この「ビタミンC」は

L-アスコルビン酸という酸化防止剤であって

果物などからイメージされるビタミンではありません

合成ビタミンって言います

そして、このほとんどは

遺伝子組み換えのトウモロコシから抽出されていると言われています

 

これですね

s__50552842

緑茶飲料メーカーは、このビタミンC(L-アスコルビン酸)の添加の目的を

「茶葉に含まれているビタミンCが加工や抽出の段階で失われてしまうので、それを補うため」としています。

実際にサントリーのお客様相談室で聞きましたが、一言一句変わらずに

まったくこの通りの言葉が返ってきます。

 

実は栄養強化が目的の場合

用途名を書かなくてよいという抜け穴が表記方法の問題としてあります。

変色防止などの目的のために酸化防止剤を使用しているのだから

「酸化防止剤(L-アスコルビン酸)」と表示すれば良いのに・・・。

 

この辺りは、なんというか日本らしいところですよね

嘘はついていません

的なやつです

 

「どちらにしてもビタミンCなのだから体によいのでは?」

と言う意見は確かにあるのですが、僕はね少しだけ疑問に感じています。

 

アトピーやアレルギー患者が増える中、今の医療はその原因を突き止めるコトが出来ていません。

でね、以前から何度も紹介しているスペルト小麦の変態ピザ屋コト

細野仁志くん

 

彼からスペルト小麦の話を聞いてから、種のコトを真剣に調べるようになったわけです。

普通の小麦ならアレルギー反応が出て

古代種のスペルト小麦なら反応が出ない(全員ではありません)

これを解明できるお医者さんはいますか??

多分いないはずなんです

それだけ人間の身体は未知数なコトだらけ

こんな話は山ほどあるわけですよ

その辺りを過信するコトだけは避けたいですよね

特に子どもたちの身体に対しては

 

危険性の有無はどこまでいっても平行線

後から危険性が発見されても自己責任

 

要因の一つかもしれない・・・と考えると

そこまでして飲まないとダメなの?

と思うわけです。

 

びっくりするくらい高いし。

ガゾリンの2倍の価格ですよ。

 





自宅でお茶を作って飲んでいる人ならば

ペットボトルのお茶の味に違和感を覚えるはずなのです(エグ味を強く感じます)

けども、多くの家では自宅でお茶を入れる習慣なくなりましたよね

そうなってくると、子供達はペットボトルの味を

「本当のお茶」だと感じます。

味に対する違和感を感じません。

文化が消えていくと、人間の生存能力がどんどん低下している

そんな気がします

追伸

オンラインサロンで伝え方の講習をしています。

一緒に発信力を付けていきましょう‼︎(写真を押すと記事に飛びます)

※必ず詳細をお読みください

 

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 116,100 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント7件

  • 北川麻里 より:

    私はペットボトルのお茶は飲まないようにしていたのですが、先日の暑い日に外出先で友だちが私に良かれとコンビニで生茶を買って来てくれました。善意からの物なので飲んでみましたが途端に唇が腫れ、喉が痛くなり真っ赤になりました。中華を食べてアナフィラキシー症状になった経験もあるのでもう口にしたくはないです。怖いですね。

  • 茶産地のえいようし より:

     茶葉で飲んでいただきたいし、ペットボトルのお茶は好きではないのですが、この記事は全く持ってわけわかりません。

     まず、農薬・・・残留農薬どのくらいなんでしょうか?

     茶畑で農薬をかけますが、収穫物にかかっている量がどのくらいだと思っていますか?
    国産のペットボトル用の茶葉は二番茶以下を使いますが、一度刈り上げた後ヤブキタなら45日程度で次の収穫になります。農薬を使いますが、どの程度残っているのか理解されていますか?また、中国のものもですが。

     また、ビタミンCですが、酸化防止の目的で使います。ビタミンCがどれくらいの量が入っていて、どれくらいで問題があるのか承知していますか?もし、ビタミンCで結石の話をしたいのなら、これは現在否定されています。
     全く持って理解されていないで書いている記事だと認識します。ペットボトルのお茶はおいしくないので、リーフで飲んでほしいと願いますので、きちんとした記事を切望します。

    • kenkonosusume より:

      僕と同意見の記事もたくさんあるので先ずはこちらをごらんください。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=273521
      残留農薬の話は残っている残っていないの次元の話ではないと思っています。http://www.yoshimura-chaen.com/coment.htm
      こんな記事もありますね。http://maron49.com/951
      無農薬のお茶を作っている方がいらっしゃるのですから、農薬の使用に対して農家の中にも危険性を認識している方がいるということです。
      もう一つ先ほどコメントにもあったのでお返ししましたが、この記事の趣旨は合成ビタミンと普通のビタミンを一緒にするなということです。根深い問題ですが合成ビタミンの抽出もとはほとんどが遺伝子組換えのとうもろこしです。ビタミンCもL−アスコルビン酸も化学式は一緒ですよね?じゃ一緒だからこれを絶対に安全って責任を持って言い切れますか?あくまでも今の科学が分かりうる見解なわけですよね?という話です。だから自分の責任で口にしましょうと言ってるわけですね。ちなみに僕もお茶はリーフで飲んだ方が美味しいと思います

  • けい より:

    コメント失礼します。
    メルマガ登録しましてが、メールが届きません。
    ドメイン教えてください

  • ねこまんま より:

    名称の、ごまかしとしか思えない物いっぱいありますね。

    栄養ないのに「栄養ドリンク」
    毒物なのに「食塩」
    あたかも必須アミノ酸と間違える「アミノ酸等」・・・
    あ、そうそう界面活性剤なのに何故か「乳化剤」

    紛らそうとしているとしか思えません。
    そして「自己責任」と言って切り捨てです。

  • 阿部 優希 より:

    いつも、楽しく読ませてもらってます。

    本当に、せっかくお茶は、ビタミンもカテキンも、味もいいのに…

    農薬や、合成ビタミンは…確か石油からでしたっけ?それで台無しですよね。

    どうか、お茶を否定しているのではなく、
    農薬や、添加物の事を読む側の方に考えて頂きたいです。
    そして、中国じゃなく国産なら?
    いやいや
    私が怖いと感じていることは、日本は農薬使用量、添加物使用量トップ3に入っているという事実であり…中国と日本の人口差を考えると、断然日本人1人あたりの消費量は、中国より多いとは、思いませんか?輸出入のことはわからないので計算にいれてはいませんが。

    だから、日本の基準値は甘いのでしょう。
    農薬や添加物たっぷりでもOKて

    せめて、ヨーロッパやアメリカ基準くらいまで下がって欲しいと願っています。
    その為には、やはり、みんなで声をあげるしかないと思います。

    どうか、どうか
    お茶や中国=悪ではなく!
    お茶じたいは素晴らしく、中国にもいいものやいい人はいるのです。

    話の論点がズレないでほしいです。

    健康のススメさん、応援してます

  • shoko ichie より:

    輸入小麦粉のポストハーベストについて 記事を希望します。応援してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です