toggle
2017-02-27

ペットボトルのお茶に何が入っている?


 

酸化防止剤について再度書いてくれと言われました。

この手の記事は炎上します。

1万PVを越えたあたりからメンタルとの戦いなんですね。

まぁそれは仕方ないですけど

 

いつも争点がずれて

僕が大手企業のことを叩いて喜んでるみたいなことを言われますが

全く逆

僕が叩いてるのは

 

消費者です

 

添加物のコト書くと

危険という科学的根拠がないって言われますが

僕の言いたいのは、ガスも水も電気もしっかりと整っているこの国で

なぜそこまで添加されたものを優先して購入しなきゃいけないの?

ってことです。

 

今の安全性はあくまでも

見解ですから

 




 

ずいぶん前ですが、米を炊くときに

洗剤入れて洗ってる人を見ました。

 

加工品に頼るってコトは、極端にいうと

こういう人を増やすコトにつながるのかもしれませんね

 

前置きはこのぐらいにして

 

ペットボトルのお茶のラベルって見ていますか?

お茶だから・・見る必要がない。

と思っていないでしょうか?

総務省の家計調査によると

1990年には年間1291gのお茶を消費していたのですが

2014年の時点では892gと

約30%も減少していることがわかりました。

 

その一方で

ペットボトルの緑茶飲料の生産量は

95年に約45万キロリットルだったのが

14年には約250万キロリットル

 

5倍以上に膨れ上がっています。

 

家庭の作る飲み物が、購入して飲むモノへと移行した訳ですね。

ここで問題となってくるのはペットボトル茶に添加されている

「ビタミンC」と大量生産された茶葉の農薬です

農薬は見えてこないので、ビタミンCについて書きます

 

 

ラベルを見てみましょう。

S__44187650_1

緑茶の後にビタミンC

S__44187651_1

同じく

S__44187652_1

烏龍茶抽出物??の後にビタミンC





next2

 

お茶に入っているビタミンCとは?



(Visited 95,659 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント6件

  • 北川麻里 より:

    私はペットボトルのお茶は飲まないようにしていたのですが、先日の暑い日に外出先で友だちが私に良かれとコンビニで生茶を買って来てくれました。善意からの物なので飲んでみましたが途端に唇が腫れ、喉が痛くなり真っ赤になりました。中華を食べてアナフィラキシー症状になった経験もあるのでもう口にしたくはないです。怖いですね。

  • 茶産地のえいようし より:

     茶葉で飲んでいただきたいし、ペットボトルのお茶は好きではないのですが、この記事は全く持ってわけわかりません。

     まず、農薬・・・残留農薬どのくらいなんでしょうか?

     茶畑で農薬をかけますが、収穫物にかかっている量がどのくらいだと思っていますか?
    国産のペットボトル用の茶葉は二番茶以下を使いますが、一度刈り上げた後ヤブキタなら45日程度で次の収穫になります。農薬を使いますが、どの程度残っているのか理解されていますか?また、中国のものもですが。

     また、ビタミンCですが、酸化防止の目的で使います。ビタミンCがどれくらいの量が入っていて、どれくらいで問題があるのか承知していますか?もし、ビタミンCで結石の話をしたいのなら、これは現在否定されています。
     全く持って理解されていないで書いている記事だと認識します。ペットボトルのお茶はおいしくないので、リーフで飲んでほしいと願いますので、きちんとした記事を切望します。

    • kenkonosusume より:

      僕と同意見の記事もたくさんあるので先ずはこちらをごらんください。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=273521
      残留農薬の話は残っている残っていないの次元の話ではないと思っています。http://www.yoshimura-chaen.com/coment.htm
      こんな記事もありますね。http://maron49.com/951
      無農薬のお茶を作っている方がいらっしゃるのですから、農薬の使用に対して農家の中にも危険性を認識している方がいるということです。
      もう一つ先ほどコメントにもあったのでお返ししましたが、この記事の趣旨は合成ビタミンと普通のビタミンを一緒にするなということです。根深い問題ですが合成ビタミンの抽出もとはほとんどが遺伝子組換えのとうもろこしです。ビタミンCもL−アスコルビン酸も化学式は一緒ですよね?じゃ一緒だからこれを絶対に安全って責任を持って言い切れますか?あくまでも今の科学が分かりうる見解なわけですよね?という話です。だから自分の責任で口にしましょうと言ってるわけですね。ちなみに僕もお茶はリーフで飲んだ方が美味しいと思います

  • けい より:

    コメント失礼します。
    メルマガ登録しましてが、メールが届きません。
    ドメイン教えてください

  • ねこまんま より:

    名称の、ごまかしとしか思えない物いっぱいありますね。

    栄養ないのに「栄養ドリンク」
    毒物なのに「食塩」
    あたかも必須アミノ酸と間違える「アミノ酸等」・・・
    あ、そうそう界面活性剤なのに何故か「乳化剤」

    紛らそうとしているとしか思えません。
    そして「自己責任」と言って切り捨てです。

  • 阿部 優希 より:

    いつも、楽しく読ませてもらってます。

    本当に、せっかくお茶は、ビタミンもカテキンも、味もいいのに…

    農薬や、合成ビタミンは…確か石油からでしたっけ?それで台無しですよね。

    どうか、お茶を否定しているのではなく、
    農薬や、添加物の事を読む側の方に考えて頂きたいです。
    そして、中国じゃなく国産なら?
    いやいや
    私が怖いと感じていることは、日本は農薬使用量、添加物使用量トップ3に入っているという事実であり…中国と日本の人口差を考えると、断然日本人1人あたりの消費量は、中国より多いとは、思いませんか?輸出入のことはわからないので計算にいれてはいませんが。

    だから、日本の基準値は甘いのでしょう。
    農薬や添加物たっぷりでもOKて

    せめて、ヨーロッパやアメリカ基準くらいまで下がって欲しいと願っています。
    その為には、やはり、みんなで声をあげるしかないと思います。

    どうか、どうか
    お茶や中国=悪ではなく!
    お茶じたいは素晴らしく、中国にもいいものやいい人はいるのです。

    話の論点がズレないでほしいです。

    健康のススメさん、応援してます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です