toggle
2017-04-10

手の届く範囲で


 

世の中には「良い」といわれるモノがたくさんあります。

多すぎるくらいですね。

根拠があるモノ

歴史があるモノ

全く効果がないモノ

そもそも効果を期待できないモノ

 

情報が多すぎて悩むのは皆同じでしょう。

 

どんな理由であれ病気が増えているコトは間違いありません。

そして多くの人は病気になって初めて、自分の体と真剣に向き合うんですね。

 

そんな病気を抱える人に大きくのし掛かるのが

経済的な問題

世の中に出回っている商品には、目玉が飛び出るほど値が高いモノがあります。

もちろん高い安いは本人の価値観ですけどね。

 

僕がいつもイメージしているのは

経済的に決して裕福ではなくても、使用可能で尚且つ効果が期待できるモノ。

これを念頭に置いています。

お金のある人しか健康になれないなんてのはおかしな事なんです。

中国で有機野菜を作っていた時、いつの間にかお金持ちしか買えないモノになっていて、歯がゆい思いをしたコトがありました。

使用後の効果には当然個人差がありますが、良いか悪いかはあくまでも体感が重要だと思っています。

 

今日は、僕がどうしても皆さんに使っていただきたいモノとその理由を書きました。

 

 

写真は何かわかりましたか?




 

良いモノ



(Visited 18,139 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメント1件

  • 稲葉泰三 より:

    「手の届く範囲で」読みました。
    何時もありがとうございます。

    米ぬかなので米ぬかの匂いがするのは当たり前(笑)
    でも苦情かな?文句を言う人の気が知れません。
    人って面白いですね。

    僕は生業でかつお節屋をしています。
    削り節にカツオの小さな骨が混ざることがあります。
    「骨が入っていたっ!」と苦情を言う方が、稀にいます。

    はい、すいませんでした。良く見つかましたね。
    かつお節はカツオ(魚)で出来ているので骨が入ることもあります。
    それは当然のことです、何かおかしいですか?
    と返事をしています。

    一人お客さんをなくしてしまう事になるかと思いますが、
    これでいいのだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です