toggle
2016-11-09

お酒はいつから美味しくなりましたか?


 

このテーマを取り上げるコトをどれだけ躊躇したか。

僕はお酒が好きです。

このサイトの名前?知ってますよ。

 

 

健康のすすめ

です

 

お酒だけは・・・。

さて

20161109_7291

読んでいただいている方でお酒を飲む方

いつからお酒を美味しいと感じるようになりましたか?

未成年の時から飲んでしまっていた方もいるでしょう。

ここではコメントしないでくださいね。消さないとダメになりますから。

 

飲めるようになった大人になった

という方もいるのですが実は舌の細胞が減っているというコトも一つの要因のようです。

 

 

本当ですかね??

試してみましょう。

 

 

 

プシュ‼︎

 

20161109_8586

ゴクリ。

 

美味しいです。

これは舌の細胞がだいぶ減っていますね。

 

少し話は変わりますが色々と気にしてゼロカロリーのモノを飲んでいる方がいます。

 

↑これです。

すごく売れているようですが良ければ成分表示を見てください。

これを飲むなら普通のビールのほうがマシだと思います。

 

なぜこんな成分を使うのかなぁと不思議で仕方ありません。

実は味覚が崩れるとある成分が減っているんですね




next2

 

味覚の崩壊とともに崩れていくモノ

(Visited 11,486 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント3件

  • Mizuno Makoto より:

    添加アルコールと言っても、基本 “ 糖蜜アルコール “、つまり砂糖精製時点に発生する糖蜜をアルコール発酵させて作った焼酎の事です。

    日本酒など、アルコール度数が低い場合早く酸化が進む為、酒が流通し始めた頃から普通に行われていた技法ですね。

    勿論、純米酒に 15%に調整した甲種焼酎を混ぜて飲んで酒が美味いと言うのも(ある意味)滑稽かもしれません。
    掘り下げが足りませぬな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です