toggle
2018-01-10

檻の中のライオンが勝手に出てきた





ひろのぶです^ ^

 

我が家の長男、次男はものすごく勉強ができるのですが

三男はるのぶはどちらかと言うと苦手です。

僕も大の苦手でしたからそっくりですね。

先日の漢字テスト

 

ある意味天才かと思いました。

彼はもっと苦手な雰囲気を醸し出しております。

 

僕も大嫌いでしたが、勉強って一生するもんなんですね

なんとなく出来るよりも、必要性を感じて学べた方が僕は良いと思ってます

学ぶ権利は全員にあるわけですから

 

この記事を書き出して、皆さんから色んなコメントをいただくことで色んなコトに触れる機会が増えました。

もちろん専門家になるつもりは無いのですが、気になるコトは調べる勉強するという癖はつけたいと思ってます。

 

人は思いたいように思い、見たいように見て、聞きたいように聞く

これって人間の特質だと思うんですね

どちら側の意見というわけでもなく、極端なコメントを残す人がたくさんいます

遺伝子組み換え、抗がん剤、砂糖、インフルエンザ、子宮頸がんワクチン・・・

人間なので意見が割れて当然

事実は一つでは無いという認識に立てるコトが自分を成長させる大切な要件だと思います

 

何より良くないのは”考えない”と言うコトですね

考えずに放棄するってのはやっぱり問題です。

大人には責任がありますからね。

その責任と権利を示しているのが憲法だと思うわけです

 

 

この本。超オススメです。

小学5年生の息子が憲法のコトを理解できましたから。

 

国家権力をライオンに

憲法を檻に例えて憲法をわかりやすく説明してくれています。

 

こんな感じです。

こうやって勉強をしていくと

集団的自衛権とか特定秘密保持法ってのがすごく危険性をはらんでいるコトがわかるのですが

多分、多くの人が意味すらわかっていない状態にあるわけですね。

ちなみに法律の専門家である日弁連や弁護士会は”違憲”であると言いましたが・・・ですね。

 

ライオンが自ら檻をぶち破った形になるわけです

 

とくに自民党が出している緊急事態条項の草案・・・

すごく怖いですよ。

国家緊急権と言うんですが、緊急事態の際に行政に権力を集中させるモノなんですが

それも改正しようとしてるわけです

どんな改正かというと、この本に書かれている通りならば

檻の内側に鍵が付いていて、ライオンがいつでも自由に出れるようになるというモノ

 

この文章を読めばですよ

政府が緊急事態と言えば緊急事態ですね

しかも、緊急事態と宣言した理由を事後報告(期限なし)でよいとされてます

 

人間は弱いんですね、欲に溺れて間違いを犯すのが人間の性質。

だから法が必要なんですね

過去に権力者がたくさんの過ちを犯した経緯があるから、この国の主権は”国民”にあるということを憲法で保障したわけです。

 

この大切な憲法が変わろうとしている時に

調べるコトもしない大人が多いことに問題があるんでしょうね

 

国家権力の餌食になるのは

貧しい人々です

これは断言しておきますよ

だから、何度も言いますが憲法が基本的人権を保障してくれたわけです。

”日本国憲法”

と検索すればすぐに出てきます。

今の憲法がどのようなモノなのか?まずはそこから始めましょう

追伸

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

化粧をする方は是非この記事を読んでください。

買い物は投票です! !

写真をクリックすると記事に飛びます

スクリーンショット 2017-01-23 11.29.14

 

 

下記の記事では情報がなぜ歪むのか?をお伝えしています

僕たちの生活に、なぜまともな情報が届かないのか?を書きました

写真をクリックすると記事に飛びます

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 3,178 times, 1 visits today)

関連記事

コメント2件

  • 内田重崇 より:

    藤原様

    いつも貴重なご意見有難うございます。
    内田と申します。

    藤原様の記事は非常に勉強になるものばかりで、感謝しております。
    が、一点腑に落ちないことがありますので、以下に述べさせていただきます。
    今回も採り上げられた、憲法に関することです。恐らく類似のご指摘もあることかと思います。

    集団的自衛権や特定秘密保持法、そして軍備拡張などが危険を孕んでいることは理解できるのですが、
    これらは危険だという側面だけでなく、必要なものであるという側面もあると捉えるべきではないでしょうか。
    国外勢力と対峙することを想定しているからです。

    日本国内には警察と言う取り締まり機関が存在し、各国民の違反を厳しく咎めることまでできる故、国民から見れば、政府には一定の縛りが必要ということになります。
    が、国家間で見た場合、警察に相当するものがありません。
    世界共通の法律(国際法)はあっても、それを各国に守らせるための、「強制力」というものが今は存在しません。

    諸外国は、日本国内の法など全く関係無い訳ですので、これら他国に依って引き起こされる非常事態への備えは必要、と考えざるを得ないのではないでしょうか。
    他国の行為により被害を受けた後では手遅れです。

    勿論、全て手放しで賛成している訳でもありませんが、少なくとも、国内の話だけでなく、国家間の視点も併せて考えるべき課題だと思います。
    (今回のライオンの檻で言えば、国内の話しかしていないように見えます。が、実際は檻の外に色々な登場人物が潜んでいることを忘れてはならないと思います。)

    • kenkonosusume より:

      そうですね、議論が僕は必要だと思います^ ^

      実は改憲派の方々に対して懸念をいだいているのではなく、まったく関心を示さないその他大勢が多すぎることに懸念しています。

      こうやってコメントをいただくことで(例えば激しい言い合いになってもいいのですが)関心すら持ってなかった人が意識することを望んでます。

      僕が思うに、個別自衛権でも問題なかったし、特定秘密保持ならばどのあたりを秘密にするべきなのかを明確にする必要があると思ってます。

      何度も言いますが、なによりもまずは意識を向けることが一番と思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です