toggle
2018-05-06

面白い医者に会いました


 

その先生とはたまたま酒の席で一緒になりまして。

んで仲良くなったので、うちの親父のコト話したんですよ

(2年ほど前に脳出血で倒れました)

元気は元気なんですが、やっぱり身体に障害が残ってます

 

でね、脳出血とかそういう症状って前兆的な感じでわかるコトないんですか??

って質問したら

”わからん”

って答えたんです。

ちなみに内科の先生ですね

 

なるほど。わからないと。

正直で素晴らしい先生ですね。

厳密に言うと症状はあるそうなんですが、すべての人に当てはまるコトなど無いようですね

 

 

んじゃ、ああいう病気になる人の特徴とかってないんでうすか??

って聞いたわけです。

これならあるでしょう。サービス質問ですよ。

うちの親父、酒めちゃ飲んでたし、あんまり寝てなかったし。

まぁ本人も思い当たる節がたくさんあったはず

 

そしたらね、その先生

”わからん”

ってまた答えたんですよ。

 

でね、その先生はそのまま僕に

”君は僕のコトなんやと思ってるんや??”

って言ってきたわけです。

 

えっ?

いや・・・。

 

 

 

医者。

と思ってますが。

 

って伝えたら、こう言ってくれました

 

”医者が身体のことをわかってるって感覚が一番怖いと思うぞ”

 

名言ですね。

今まで、こういう投稿を始めてから

”医者”や”薬剤師”と呼ばれる人々とめちゃコメント欄でバトルを繰り返してきましたが

納得のいくコトが一つ

 

殺そうと思って治療をしている人などいない

それは感じます。

 

例えば抗がん剤の治療のコトなどを書くと

医者は患者の命を金に変えてる

と言わんばかりのコメントをする人がいます。

(僕も問題は多いと思いますが、それと考え方に関しては別の話)

けども、そんな人はほとんどいない。

この先生は次のように話を続けてくれました




 

患者の問題

(Visited 16,121 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です