toggle
2017-10-02

思い込みで人は死ねるか?






 

”物事の良し悪しは考え方ひとつで決まる”

シェイクスピアの言葉です。

 

と言う、偉人の格言から始めだしたひろのぶです^ ^。

そんな僕のインスタをフォローしてください^ ^(写真を押すとインスタに飛びます)

皆さんに質問です。

人は思い込みで死ねると思いますか?

 

いきなり怖いコト言いだした・・・と思わ無いでくださいね笑

以前に東洋経済で読んだ内容なのですが、クリフトン・メアド博士という人が2005年に発表した論文なかに

末期の肝臓ガン診断された患者の例が紹介されていました。

論文によると、告知されたその患者はみるみる衰弱し、宣告された余命を全うするコトなく死亡してしまったんですね。

問題はこの後で

 

癌じゃ無かったんです。

 

医者の診断が間違っていたんですね、それでも亡くなってしまったんです。

こういう例は他にも沢山あって、脳科学や心理学の分野では当たり前の話になっています。

ナチスの非道な実験でも、精神状態を追い込むと人が死んでしまうという例が記されていましいた。

以前に、どこかの医者が「心の状態と身体に現れる症状には関係性が無い」とか言ってましたね。

人間のコトをサイボーグとはき違えているんでしょう。

これを僕は”知の傲慢”と勝手に呼んでます。

自分の学んだコトを絶対と過信して、傲慢になった時に研究者としても科学者としても哲学者としても終わりですね。

引退するべきでしょう。

 

とにかく、人は悲観的になればなるほど、不健康になり幸せからは遠ざかります。

以前にNHKで心と脳の白熱教室という番組があって、ものすごく参考になったのでその内容を元に少し書いてみました。




 

心と脳



(Visited 6,143 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です