toggle
2016-11-01

脳の病気になる人の特徴


 

123万5,000人

 

日本の脳疾患患者数です(平成23年の厚生労働省統計)

 

すごい数に見えますが、実は平成20年から見ると10万人ほど患者数が減っています。

これは素晴らしいコトですね。

 

脳疾患といっても、その多くは脳出血と脳梗塞に分けられます。

脳の病気の怖いところは緊急性後遺症ではないでしょうか?

 

元気だった人が急に寝たきりになったり話せなくなったり。

他界してしまう方も多くいます。

 

この辺りが癌とは違う怖さ。。。

 

さてそんな脳疾患。

f0197703_1526386

喫煙や飲酒などが主な要因が挙げられていますが・・・。

それと同様に脳疾患を患う人にはある特徴がみられます。

 

逆を言えば。

それらを意識をすれば防げる可能性が高くなるということ。

お金を掛けて高級なモノを口にせずとも、意識をすれば病を防げる。

その習慣を身につけましょう。




次ページ 3つの要因

(Visited 4,379 times, 1 visits today)

ページ: 1 2

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です