toggle
2017-07-02

熱の下げ方






 

熱が急に上がる4児の父、ヒロノブです。

 

横になっていると、体の上で飛び跳ねて遊ぶ癖がついたヨシノブ。

体調が悪い時は大変です。

 

何年かに一度、熱が急激に上がるんですよね。

昨日も39.5℃まで上がりました。

けども、一日もしくは二日でだいたい熱が平熱に戻ります。(今でも若干は喉が痛いですが)

熱が上がる=風邪とは言えないのですが、今日はその前提で書きますね

実は医者もよくわかっていない、風邪のこと。

そして熱の下げ方を書いてみました。

 


 

風邪の定義



(Visited 14,214 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • FBではお世話になりました。色んな意見があって、これから変えて行かないといけない部分が沢山あると思います。よろしかったら、「大幸魚」を宜しくお願い致します。

  • 谷浦汐梨 より:

    わたしも身体の仕組みについて今勉強しているところですが、全く同じような内容でした。
    38.5分以上の熱で、ウイルスは活動が鈍り、免疫細胞は活発になる。
    だから解熱剤で下げてはダメなんですよね。
    特に子供が熱性痙攣を起こすのは熱が急激に上がる時。解熱剤で大幅に下げてしまううと、薬が切れた後の熱の上がり方との振れ幅が大きいので痙攣を起こしやすいそうです。
    子供は意外と高熱が出ててもケロッとしてることも多いですもんね。
    細菌(溶連菌、肺炎など)は薬じゃないと難しいようですが、ウイルス性のもの(風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなど)に基本的には薬は要らないそうですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です