toggle
2017-05-29

知らないと痛い目に合う家の材木


 

先日、木こりの人々と交流を致しました。

海の話はよく聞いていたのですが、山の話は聞く機会があまり無かった僕。

大いに反省するところがありましたね。

全然見えていなかった事に気付かされました。

許可を取っていないので、名前は出せませんが、そのうち紹介することになると思います。

 

さて、僕たちの生活とは切っても切り離せない木材。

ちなみに木に近い状態のモノを木材。

家などを建てるときに使う状態に近いモノを材木と呼ぶそうです。

この材木、マンションに住んでいる人でも、必ず関係するタイミングがあるので…。

絶対に覚えておいた方が良い事を聞きました。




 

家のコト



(Visited 11,057 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント1件

  • shoko ichie より:

     お寺(菩提寺)を新築するので 材木の『検品』に檀家の一員として参加しました。
    寺院専門の建築会社 岐阜県。山里にある密閉性の低い倉庫でした。
    幾つかの寺院の粗削りの1000本ほどの材木が 寺院別に 図面の柱番号を振られて 横たえられていました。「倉庫内は空気の湿度が外よりも高いんです。木から水分が出てるのです。」 と施工の責任者の説明。加温は無し。倉庫内は檜の香りで充ちていました。
    会社の山で伐採して しばらく寝かせ 粗削りの材料を 倉庫で 半年寝かせる。
    疑問はぶつけました。「寝かせて 許容範囲を越えて反ったら?」
    「他の寺院の材料を転用します。」納期の遅い材料から補うということでした。
    充分に 乾燥された材料で 建築されることが分かりました。
    菩提寺は檜でできあがり、この先 何百年も その姿であると思いました。

    加熱して乾燥って、肉や魚じゃああるまいし 消化の手助けですか?自然界に還流する手助けですか? 細胞が分子が 急いで解れていく手助けですか? と思いました。

     記事をありがとうございました。
    クロス接着剤のホルムアルデヒドは存じてましたが 燻蒸剤は知りませんでした。
    知人のアトピー性皮膚炎持ちに 言ってみます。大型量販店の電気設備管理に転職し 最近 症状が酷いと聞き及んでおります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です