toggle
2018-02-15

燃え尽きて灰になるまで





ひろのぶです^ ^

 

いつも真面目なつもりですが、今日は更に真面目に(笑)

こんな記事を書かれました。

 

たまたまタイムラインに流れてきたから拾えました。

まず一言申し上げましょう。

 

 

僕はブロガーではない(笑)

まぁ周りが僕のコトをどう見ているのかわから無いですけど

 

この記事

途中でものすごくショッキングなシリアの画像を使ってます。

そういう画像を使うならば、一言書いといてくれよ・・・。

電車の中でめっちゃ驚いてしまって、その驚いた僕に周りの人が驚いて。

変な連帯感が車内に生まれてしまいました。

 

ものすごく長かったので要約すると

・最初の頃の記事は好きだった

・最近は社会問題に話が行き過ぎ

・なのにシリアの問題には触れない

・いつの間にかネットショップ作ってる

・女性をたて過ぎるコトがこの国のていたらくを生み出している

・質問を送ったのに無視された(Facebookで友達になってるのに)

・結局なにもの?宗教も含めて

こんな感じですね。

答えましょう。僕も最近考えていたコトなので(笑)

 

まず一番の

・最初の頃の記事は好きだった

これ。よく言われますよ。

二番の

・最近は社会問題に話が行き過ぎ

これとも繋がるので。

結論から言うと問題ってのは全部繋がってるわけです。

そもそも僕は”貧困問題を事業でどの様に解決できるのか?”ということに焦点を当てて仕事をしてきました。

そしたら、その問題の根っこには僕たちの生活スタイルが大きく関わっていたわけです。

シンプルに、種子法とか原子力発電の問題の解決抜きに食の安全とか守れない。

沖縄の基地の問題にしても、日本全体の話なんだから少しでも意識を向けよう。

この無関心が大量廃棄を生んだり、開発途上国の貧困を生み出したりしているんだから、意識を向けましょうというのが僕が書いている目的。

この生活スタイルを維持する限り、問題は尽き無いわけです

それを知った上で、あとは本人が意識をして”選ぶ”行為が大切なんですね

だから、この二つを切り離すこと自体が無理なんです。

 

次になぜシリアの問題に触れないのか?

実は以前に触れてるんですよねー

そしていつかもう一度触れようと思ってます。

まぁそのことは置いといて・・・

 

自分で決めるよ。なにを書くのかは。

人間の時間は有限でしょ。

何かを選択している時、無自覚ですが何かを捨ててるんです。

見えないからわからないだけ

OK?

 

次に

・いつの間にかネットショップ作ってる

はい、これもよく言われてます。

これですね↓ネットショップ。写真押すとショップに飛びますから。

これ、本当に日本人の悪いところだと思うんですよね。

僕だって生きてるわけですよ。

こども4人います。

生活もあるわけですね。

こういう活動を無償ですることが美徳みたいな感覚はもう捨てよう。

もちろん、目の前で押し売りしているわけではないんだから、買いたくなければ買わなければいいんです

けどね、買ってくれないと動けなくなるし、そしたら活動自体ができなくなるわけですね。

自分が成したいコトと繋がる形で事業をする必要があるわけで、その一つの答えがネットショップなわけです。

小次郎君、全部お金出してくれる??

無理でしょ??

お金に対するリテラシーが低い人ほどその感覚が強い。

価値を提供する、対価としてお金をもらう

この順番さえ間違わなければ事業は継続できるし、無価値だと思えば人は離れていく。

これ鉄則。

優秀な人材を確保するためにも、今の時代はお金を稼が無いとダメだと僕は思うけどね

 

あとね、スポンサーの話をもらったけども、企業からお金をもらうと歪みがでるんですよ。

書けなくなるし、言えなくなることが増えるわけ。

だから、自力で稼げないブロガーほど危険なものはないわけ。

平気で嘘を書き続ける。

これも、お金に対するリテラシーが低いからそうなる

あの人は何も売ってこないからいい人、

みたいな感覚は捨てよう。

公務員、全員いい人になってしまう。

ここまでOK?

ちなみに昨日バレンタインーだったのにチョコもらってない。

まぁ食べないんですが・・・。

バレンタインデーに良い思い出は一つもない。

好きな子から

”これ◯◯君に渡しといて”

って言われて、泣いた思い出がある。

 

・・・。

くそっ。

 

よかったら何か買ってね(笑)本気で助かるから。

 

次に行こう。

・女性をたて過ぎるコトがこの国のていたらくを生み出している

この発想はよくないよ。

 

小次郎君・・・。

 

モテないでしょ??

まぁ生き過ぎた感じは良くないと僕も思う。

例えば我が家。

少し有名になってきて、本当に人と会う機会が増えてきました。

この1年は一人でも多くの人に会って話すと決めてるけども、家に居てる嫁さんの存在が無いと実現不可能なわけですよ。

そんな相手に逆らう?

もう一つ言えば、偉そうな男が多すぎる。

外で仕事してお金を稼いでくるって・・・そんなに偉いの??

一緒に貧乏を経験してくれてるし。

まぁカッコつけましたが

 

女性が好きなんです。

次‼︎

・質問を送ったのに無視された(Facebookで友達になってるのに)

・結局なにもの?宗教も含めて

これね。

今ね、1日100件くらいコメントが来るわけ。

Facebookを公開したから友達申請がたくさん来て2000人くらい一気に増えた。

自然エネルギーのコトについて聞かれたかなぁ

結論から言うと、自分で考えればいいんじゃないの?

答えないといけない義務がなぜ発生している??

あとね、質問が難しかった気がするなぁ

そういうのは、研究している人に直接聞けばいいのになぜ僕に聞く?

普通のおっさんだし。

みてみ

 

こんな顔して遊んでるおっさんに、難しい質問は答えられないよ。

こういう感じの人に聞くことを勧める。

けども、できる範囲で答える努力はしようと思ってるので。

 

何者か?

藤原ひろのぶ 37歳 創価大学卒 4児の父 大阪市西成区生まれ

尊敬する人物は

ガンジー、チェゲバラ、カストロ、チャップリン、他にもたくさん。

でね、宗教のコトを書いてたけども、宗教観は本当に大切にしたほうがいいよ。

お布施とかなんか色々と書いてたけども、ものすごくレベルの低い話だから。

そういう行為を馬鹿にする人ほど、ギャンブルで金を失ったり、株で大損したりしてるね。

価値観や哲学を学ぶコトに近いからね、けども献金したり寄付をしたりするのは自由。

宗教観をしっかり持たないと世界から馬鹿にされるよ。

僕のバングラディシュのパートナーはカトリック

ネパールはヒンドゥー

ギニアはイスラム

みんな熱心な信仰者。

ちなみに僕は仏教。

 

だから何??

と僕は思うけどね。

 

と一生懸命に答えてみました。

でね、僕の意見を付け加えるとですね

この人知ってます?

カストロ議長ですね。

この人に対する評価は国や思想で真っ二つに分かれてます。

けども、時代を動かした人であるコトは確か。

この人がアメリカを訪れた時に、ものすごい反対運動が起きたわけです。

殺害予告まで出たんですね

カストロをずっと追いかけていたアメリカのジャーナリストが、そのコトについて質問したらこう答えたんです。

「反対派で活動をしている人を尊敬する、なぜなら活動的だから。味方はもっと尊敬する」

って答えたんですね。

僕も同じ意見です。

受け答えしないとかブロックするのは処理が追いつかないから。

だから、僕のコトを吊るし上げることは自由。

けどね、ネットのブログで書くコトと行動をするコトとは少し違う気がするなぁ・・と思いますがそれも自由。

嫌えば良いと思うよ。

僕のコトを好きでいてくれる人と進めていくから。

 

僕の浅い見識です、誰かに迷惑をかけてしまうコトもあるでしょう。

いつも言ってますよ

”僕は必ず間違えるし、ミスもする”

一人では確実に生きてけない。

けどね、そういう特別な才能も何も無い人間が、普通の人たちと何かを成せたら

そこに希望が生まれるじゃないですか

あいつでも出来るんだから、自分にもできるって思って欲しく無いですか??

そういうカッコ良い生き方をしたいし、子どもに見せたいわけですよ。

 

カッコ良い人間の元に人は集まるし、共感力の高い人に人は寄っていく

2割の賛成派と2割の反対派

勝敗は6割の関心を持たない人がどちらに着くのか?で決まるわけです。

僕はそう思う。

だからカッコつけて生きていこうと思うわけです。

ということで、取り上げてくれてありがとう。

いつか会おう。

藤原ひろのぶ

 

追伸

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

最後まで読んでいただいた皆様へ。

皆さんおかげでギフト・フードプロジェクトは順調に拡大しています。

食べ過ぎで苦しむ日本から、食料が不足して悩む人々へ、自分の一食を提供しようという試みです。

ショップでの購入や寄付を通して活動費を捻出していますので、是非ともご参加をお願いします‼︎

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎(下記の写真を押すと参加フォームに飛びます)

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-12-37-29

 






メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 7,618 times, 1 visits today)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です