toggle
2017-06-05

雰囲気に騙される舌






 

昔、お米にはうるさいというおじさんがいまして。

何かと僕のお店のお米に

「味が変わった」だの「古いお米を混ぜている」だの

文句を言ってくる人がいたんですね。

今考えれば暇だったんだろうなぁと思います(笑)

話がしたかったんでしょね。

ある日、あまりにもうるさかったので

「お詫びに◯◯産の最高級コシヒカリです」と言って、いつもそのおじさんが買ってるお米をあげたんですよ。

 

次の日に

「あんなうまい米は食べたコトが無い」

ってお礼の電話いただいて・・・なんとも切り出しにくい雰囲気に。

「それいつも食べてる米ですよ」って伝えるとそれ以来クレームが無くなりました。

 

このおじさんの気持ち、わから無くはありません。

海のすぐそばで食べる魚が一番美味しいと思ってませんか?

魚は種類によりますが、しばらく寝かせてからの方が美味しかったりしますが、港で食べると物凄く美味しく感じます。

人間はそれだけ雰囲気に弱いんですね。

 

今日はそのコトについて少し書きたいと思います。

 


 

同じモノ



(Visited 17,200 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です