toggle
2018-05-23

まがい食品





 

食品もどきはコピー食品とも言われていて

日本にはかなり多く種類があります。

 

・カニカマ

・人造いくら(以前に実験した記事はこちら下記写真から)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-1-02-21

・成型肉

くず肉などを脂肪で固めて売られているもの(マクドナルドが最近問題になりましたね)

・マーガリン

・生クリーム代用品

・代用醤油

・みりん風調味料

 

・・・まだまだあります。

 

添加物は

適量なら大丈夫

と言われます。

 

各企業が、それぞれの商品の適量範囲を守っています。

ただしそれは

単体検査の基準値

 

AとBとCを混ぜた添加物が体にどの様な影響を与えるのか?

これは誰もわかっていません。




食品添加物に関してヨーロッパは厳しいですね

比べて日本はすごく緩いです。

 

その国々で法律の基準が違うことは当然でしょう

ただ海外で容認されないものが

日本でここまで容認される理由は何かと考えたとき

 

ヨーロッパは人を基準にしているから

わざわざ危険性があるものを認可する必要がありません

比べて日本は市場経済を基準にしているから

危うさを指摘されても認可します。

 

放射能とか遺伝子組み換えの問題でよくわかりました。

 

放射能の漏れが生じたとき

安全基準が大幅に変更されました

改正された後の基準が高いか低いか?と言う話よりも

 

漏れている放射能の数値を軸に

新しい基準を作りました。

政治的な意思が働いたと思いますが、ここには誰も踏み込めません。

色んな理由があったのでしょうけども

力を持つ人たちはルールを

変えれるんですね

これを、どう解釈するのかは僕たち次第ですね

知った上で選ぶのは、それぞれの自由ですから

藤原ひろのぶ(クリックするとFacebook個人アカウントに飛びます)

パンジャビの詳細はこちら(クリックしてください)

Facebookでの投稿が届きづらくなっています。

イベントなどの詳細はライン@でお送るので良ければ登録してください^ ^

ライン@への参加はこちら(クリックしてください)

循環型の商品を用意しています↓

循環型商品はこちら(クリックしてください)

 

オンラインサロンで伝え方の講習をしています。

一緒に発信力を付けていきましょう‼︎(写真を押すと記事に飛びます)

※必ず詳細をお読みください

 

現在、この商品をみなさんに推奨しています。

商品名は洗濯ベビーマグちゃん

素晴らしい商品ですので一度詳細を見てください‼︎

記事はこちらから↓

ストアはこちらから

 

品質も考え方も素晴らしい企業の商品を並べていますので^ ^。

これからも健康のすすめをよろしくお願いします‼︎(下記の野菜の写真をクリックするとショップに飛びます)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-30-22-58-13

開発途上国の子どもたちへ食事のサポートをしています。

日本人の肥満を解消しつつ、途上国の子どもたちの栄養失調を改善する”ギフトフード”プロジェクトを行っています

大きなプロジェクトに育てたいと思っていますので、よければ参加してください‼︎

ギフトフードはこちら

 

投稿の性質上、アカウントが停止になることがあります。

フェイスブックも企業ですから。。。

よろしければメルマガ登録をしておいてくださいm(_ _)m

(下にスクロールしていただけるとフォームがあります)

メール会員に登録フォーム

都道府県

 

(Visited 545,649 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント16件

  • 藤原 昭宏 より:

    こんなこと、誰も知らない。毎晩、NHKのニュースで流すべきよね、2分間でいいし。19時と21時。

    国民は騙されてますよって。

  • ishi より:

    外出時に飲食店がなくて買ったコンビニの卵サンド、何か変な味がして食べられない理由が分かりました。
    家で作るときは卵に塩こしょうマヨネーズだけですもんね。
    普段加工食品も買わないし、勿論コンビニ食も買わない、調味料もほぼ無添加の物の我が家。
    娘は運動会で配られたお弁当に入ってた好物の唐揚げを一口、肉団子を一口、ポテトサラダを一口・・変な味がすると言って食べられませんでした。白飯だけ食べました。
    夫は子供の頃、マーガリンに白砂糖を入れて食べてたという恐ろしい経験を持つ、カップ麺大好きな人でしたが、結婚して添加物のない食事を続けていたら、コンビニ弁当、サンドイッチが食べられなくなりました。
    子供のアレルギーや学習障害と一括されている一部は、食品添加物にあるということはいろんな報告で挙げられてます。
    添加物まみれの食事をされてる方は、半年くらい添加物なしの生活を続けてみてからあれこれ反論してみては?

  • 福田政志 より:

    食品や化粧品や生活用具のあらゆるベンリが『商売』で支えられている、それは人体の健康を優先されて考えられてはいない、という見直しであり、個人の生活レベルにしたがってできる範囲でよいと思います。

  • ばいきんまん より:

    資金があるならオーガニック!

    貧乏人は健康など気にせず添加物たっぷり摂取!
    ついでにガンで早死にしても気にしない!

    これからは健康も二極化の時代

    何事も諦めて批判しか出来ない貧乏人は
    救いようないので
    添加物食品の常連客に
    死ぬまでなってもらっときましょう

    経済効果に貢献してくれてる人種ですから

  • 佐間 より:

    「自然」が一番いいと思うのは大きま間違い。
    自然の中には猛毒がいっぱい。
    コンビニサンドイッチに含まれてる…この記事で指摘しているもの、
    別段、有毒なものではありません。
    もどき食品・・・・別に悪くないですよ。
    自然一番主義に陥ると、正しい判断ができなくなってしまいますね。

    • kenkonosusume より:

      自然とうまく付き合っていく仕組みは大切でしょうね。人間も生き物ですから

  • マサオ より:

    もっと簡潔に書け!

  • 鈴木和可子 より:

    添加物のことを正確に知りたいです。原材料名からは読み取れない内容をお教えいただければと思います。

    • kenkonosusume より:

      それはこの国の法律では無理ですね^^;
      作っている方に聞くしかないと思いますm(_ _)m
      ちなみに、お弁当屋のテェーン店などはある程度把握していましたね

  • おさるな奴 より:

    考えさせられるコメントの数々でしたね。
    今後も頑張ってコメントして下さい。

  • 杉下由貴 より:

    とても勉強になります。
    今後も読ませて頂きます。

  • しゅほい より:

    ある程度の添加物は、入れたほうが良いという考えも分かります。さもなくば、食品廃棄の量が更に倍増するかもしれない。多くの店が潰れ、生活弱者の口には届かないものがたくさん増えてしまうでしょうね。

    適切であり正当であることが大切なのだと思います。しかし、このブログにも書かれている通り、目的を見誤ると簡単に見失ってしまう。多くの人が口に入れるものであることを大切にすればいいのに。そのためなら多少の不便を我慢する人は多いのに。

    でも、流行っているところで買い物したがる人は多い。その方が楽しいし、満足感もある、、、、。目的も欲求も、けっこう複雑なんだな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です