toggle
2017-06-29

子供の教育






 

子供を取り巻く環境がもの凄く変わりましたね。

自分が子供の頃と比べても激変です。

僕は小学校から片道1時間半をかけて学校に通っていました。

電車を三回乗り換えて学校にたどり着くわけです。

僕の姉は4歳の頃から一人で電車に乗って、習い事に行ってました。

今では考えられ無いように思えますが、当時は周りに自分たちと同じような子がたくさんいたんですね。

だから、そこまで大したことではなかったんです。

 

正直なところ、今の息子に対して同じように学校へ通わせるのは凄く不安ですが、経験させれば子供は案外簡単に実践するものです。

そういう意味では、親の心配が原因で中々実行でき無いコトの方がたくさんあるかもしれませんね。

子供は(高校生までと思ってください)基本的に学校へ通います。

勉強をする理由を聞かれたときに、あなたはなんと答えますか?

 


 

教育って



(Visited 10,838 times, 1 visits today)

ページ: 1 2 3

関連記事

コメント2件

  • 高木晴代 より:

    私も自立させることが、教育の目的だと考えます。特に家庭教育は、自分で考え、自分で料理し片付けもし、周りの人ときちんとコミュニケーションが取れる大人にすることが大事だと思います。
    我が家は娘にはもちろん、息子にも早くから料理をさせました。やるかやらないかは別にして、家事一切は出来る力をつけて、大学に行かせました。
    食事も気に入らなければ食べるな!どころか、手伝わないと食べさせないという厳しさ。「お母さんは厳しすぎる」とよく言われました。1つ失敗したのは、息子にはお金の使い方をしっかり教えなかった、と言うよりその面は甘やかしたので、今もちょっと問題はあります。

    私は塾で子どもたちを見てきていますが、本当に甘やかされた子どもが多いと感じます。
    ちょっと疲れたから塾を休む、お母さんが遅かったから何も食べてない(中学生だもの、何か食べられるでしょ)などなど。
    生活面ですべてお膳立てしておいて、勉強のところだけ自分で考えろ、と言っても無理ですと伝えています。
    ですけど、親自体が甘やかされて育ってますから、何が悪いのかが分からない。
    親育てが必要だとつくづく思います。

    こういう話題になると、つい熱が入ります。長々と失礼しました。

  • Fumi M より:

    いつも楽しみに拝見しています。そして、ザドメスティックな人たちには、その違いもrespectされないだろうなぁ〜とも。。応援しています。余裕が出来れば商品も購入しますね。

    前置きが長くなりましたが…

    教育とは、、

    生きる力(知識から知恵に変える力、ゼロからイチを考える礎)を得ること。

    かなと。

    日本では暗記と偏差値主義で、結果既得権益の仲良しクラブみたいな一流?大学と呼ばれるトコに入るのが教育みたいな認識がありますけど、だいたいの人はまぁ、甚だ恥ずかしいなと感じるのでは?世界各国で教育を受けた外国人と話をすると。彼らの多くは歴史、文化、宗教、政治の最低限の語れる知識は当然で、そこから自分の意見を主張できます。日本人の大半は出来ません。そんな教育受けて無いからです。だから結局、外交力も真に活躍するグローバル企業も生まれにくいのかなと。

    日本の(学校)教育は問題ありありやと思います。家庭教育も、地方都市と東京大都市圏の子どもたちの家庭やコミュニティ教育は全然違うやろなーと思います。主観ですが、地方育ちの方が肉体的にも精神的にも生きる力を持ってる子どもが多いような気がしてます。

    アレコレ脱線しましたが、僕の中では

    学校家庭教育ともに、教育とは、生きる力を体得すること。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です